2015.02.06 09:03

DSC08477.jpg

甘酒とりんごでケーキを焼く。
うまかったので2回。
オーブン熱が高まってイングリッシュブレッドも焼く。
なんとなく2回。
姉に「トニオ(注1)」を借りたのでワッフルも焼く。
こちらは3回。
いろいろやらないかんこと満載な時ほど、
お菓子を焼いたり、手仕事をしたくなる。

はあ…、どっか遠くに行きたい。
セドナ、コッツウォルズ、マルセイユからプロヴァンス、NY、台湾、ウブド。
北欧にも行きたい。ノルウェー行って船に乗ってタリン。
いいじゃんいいじゃん♪
伊勢神宮に出雲大社、熊野古道。
修学院離宮に桂離宮、貴船神社。
古湯温泉、杉乃井ホテル。
………。

どうしてだろう…。
どこにも行きたくなくなった。



(注1)姉はビタントニオのワッフルメーカーのことを「トニオ」と呼ぶ

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.14 18:02

DSC06964.jpg

なかしましほさんのレシピでシフォンケーキを焼いたことがある。
味は最高なのだが、大失敗だった。
型からはずしたら、それはもう隕石でも落ちたかレベルの
でっかい穴が空いていたのである。

ショックだった。
自分で言うのもなんだが
今まで、派手にお菓子作りで失敗した経験がない。
お隣さんにおすそ分けできる程度の菓子を焼くことはできる。

一度の失敗でトラウマ(←打たれ弱い)、すっかりハードルが高くなり、
その後、シフォンケーキにチャレンジすることはなかった。

数年が過ぎた。
先日、全日本ジャムの妖精代表・田中博子氏のお菓子教室でシフォンケーキを習った。
ココアが入るとちょっぴり難しくなるココアシフォンを、
先生はなんてことなくさらりと作ったうえに
ヘラ一本で生クリームを美しくデコレーションするという神業も見せた。

ハードルは一向に下がらなかったが、
先生が教えてくれたコツを踏まえて作ったら成功する気がする。
もう一度焼いてみようか、シフォンを!という気持ちになった。

鉄は熱いうちに叩け!
善は急げ!
年をとると忘れっぽくなる。
まあ、いろんな格言が浮かぶのだが、コツを覚えているうちに焼いてみた。

なぜだろう。
半分だけ、内側の穴の面に沿って1cmほどへこんでいる。
妙に中途半端なシフォンケーキが焼けていた。
私の心のへこみは1cmどころではなかった。

おのれ!シフォン。
へこみは憎しみへと変わる。

図書館で超初心者向けのシフォンケーキの本を借りてきて
写真図解を忠実に守り焼いてみた。
これぞ3度目の正直である。
結果、見事に立ち上がった見目麗しいシフォンが焼けた。

勝った…。
何に勝ったのかさっぱりわからないが勝った…。

さあ、食べよう♪
ぐふふふふ。パクリ。

成功シフォンは好みの味ではまったくなかった………。



以下、特別おまけ映像です。

続きを読む

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.12.26 09:52

DSC05963.jpg

2年ぶり、いや3年ぶりだろか…。
デラックスデコレーションストロべリーソイクリームクリスマスケーキ
(はあはあ…息切れ)
を作りましたっぺ。

幼稚園のクリスマスパーティーのために!
アレルギーを考慮した100%ベジタブル仕様です。

持っていく時に、ありゃりゃ!と一部崩壊させてしまいまして、
フォークとナイフで修復(ちなみに写真は完成時、自宅で撮ったもの)したのですが、
子供たち、まったく意に介さず。
もうおひとり、ケーキ担当のお母さんが作ってこられた
「濃厚ガトーショコラ~もちろんベジ仕様~」の
2台ケーキが並ぶテーブル中央に団子のように固まってました。

うれしくてはしゃぐ子供たちの姿。
ケーキが切り分けられるのをちんまり座って待っている間の
ときめいている様子。

は~、作ってよかったばい♪
デラックスデコレーションストロべリーソイクリームクリスマスケーキ(一部崩壊)を!

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.12.10 12:36

DSC05898.jpg

何年ぶりだろ、チーズケーキを作ったのは…。

クリームチーズと生クリームとサワークリーム、に卵。
こってこってです。
浮き粉も少々入れました。

ニューヨークチーズケーキ。
最近、お店で見ないことないですか?
食べたいなあ、とうっすら思いつつ、
うっすら探していましたが、見かけない。
うっすらも積もり積もれば、もはやうっすらではなくなるわけで。

作りました。
ホールを!
作ってしまった。
ホールを!

旗はおしゃま作。
なぜか「スイス」です。

| おやつ | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2012.11.09 19:12

DSC05667.jpg

風邪は土用あけと同時にほぼ去ったと思われます。
副鼻腔の奥からじゅびっと灰色の鼻水が出た時に。(その爽快感たるや!)
長かった。長かったぜよ。
10月21日の「やばい…。」から11月6日の「チーン。」まで。

今年の秋の土用、体調を崩した人が多かった気がします。
「ブルータス、おまえもか。」ではありませんが(意味ちゃうし…)
夏の間に君も無理したんだねー♪と一方的に仲間意識を感じたりした2週間。
長かった、長かったぜようおうおう。
(ちなみに旦那はんもおしゃまさんもすこぶる元気だった)

私は、この土用の間に個人的に印象的なことが次々と起こりました。
忘れてたと思うくらいぼんやりとしていたことのちょっと先に
小さな石がぽつぽつ置かれたと言うか。
求めたというよりやってきた感、強し!!

そして、ベーコン燻製を作り、紅玉で桃色のジャムを煮て、ドーナツを揚げる。
いつものごはん以外のものを猛烈に作りたくなりました。

総括と決意の秋ですね。
皆様はどんな土用を過ごされましたか?
なにかが向こうからやってきていませんか?

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |