2009.04.29 20:00

DSC_0143.jpg

甘い甘い春人参。
生でもおいしいので、作りながらポリポリしてました。
春菊はお隣さんからいただいた無農薬春菊です。
天空の庭に植わる野菜たち。
素敵な菜園なのです。

今回はえごま和えにしました。
えごまはごまの仲間じゃありませなんだ。
紫蘇の仲間です。
韓国に行くとえごまの葉キムチが非常にポピュラーで、ごはんのおともに最高!
巻いて食う、巻いて食う、巻いて食う(おかわり)巻いて食う、巻いて…←しつこい
えごまの実は必須脂肪酸であるαリノレン酸がたっぷりで身体によいと言われています。
この実からとったえごま油(しそ油)は、とても酸化しやすいのが難点。
でも、実ごといただけばこの欠点をクリアできますよね。
油の酸化は怖いですけんね。

ちょっと独特の風味があって
ナッツでもない、もちろんゴマでもない。
私的には、香ばしい魚卵…。
え?まずそうですか?
では、言いかえましてからすみチックな…。
これならいけそうですか?
いけそうなあなたはまぎれもなく飲んべえです。
えごまをどうぞ。

しばらくブログをお休みします。
京都の話題をひっさげて、連休明けにまた~♪

| 春ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.27 22:21

DSC_0144_20090427193923.jpg

今年はやたらとホワイトアスパラを食べてますね。
なぜ?
答:スーパーの特売で毎週お目にかかるから
もう買うまい…と思ったのに、
手にとってみたらば、穂先はぐっとしまっているし、▽のぴらぴらが正三角形じゃあるめえか!
「これはおいしいアスパラの証。買いです♪」

ふう。
というわけであの手この手でアスパラフライ。
ズッキーニとお隣さんからいただいた無農薬わけぎ(まるで島らっきょのよう)もいっしょに
サクサクっと揚げました。

たっぷりのグリーンサラダを添えて揚げものの陽性を中和。
(ほんとは消化酵素たっぷりの大根おろしといきたいところですが)

今回のお皿は沖縄の大嶺實清さんのもの。
大嶺さんならではのこの色はペルシャブルーといわれています。
主張しすぎるかな?と思いましたが、白いお皿と一緒に使うとほんに美しい。
いちごやサクランボなどをちょんとのせても映えるでしょう。
沖縄やちむんの里にある大嶺工房はちょっと奥まったところにあるので
うっかりすると見過ごしてしまいそうで、
こ、こ、ここけ?
とややおそるおそるおじゃましたのが懐かしい。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 春ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.24 22:28

DSC_0135.jpg

情熱のパン教室も中級になりました。
ドイツパン、ラウゲンプレッツェル!
最後にラウゲン液(苛性ソーダ)に浸して焼成するなんて知らなかった…。
強アルカリなのでとっても危険~。
アルカリは皮膚の深部を侵すのでうっかりピンっと飛ばした液が身体について
気がつかずにいると…
ぎゃー!!!!

でも、おいち♪
ビールとの相性は最高だー。
けんど、家で気軽に作るにはラウゲンの壁が…。

今日、「紙」を探してある文具店に行きました。
大型ホームセンターでは似たような紙が見つからず、
特殊な紙にも見えないそれは、いったいどんな紙なのじゃ、もうお手上げじゃ、
と老舗文具店の門をたたいたわけです。
さすが専門家、若干色味が違うものの質感などそっくりな紙を探し出してくれました。
文具店、好きかも。
本屋は小さい頃から何時間でもいられるので好きと認識していましたが、文具店もだったか、私。
ちなみに、好きだと思っていたけれどそうでもないと気がついたのはガラスのお店。
小樽で興奮しさんざんお店をはしごした後、一緒に行った友人に
「私はそんなにガラスが好きではないことに気がついたよ…。」
「…、私も。」←友人

人それぞれスイートスポットがありますね。
別の友人は、家電量販店が大好きでやっぱり何時間でもいれる、そな。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.23 23:17

DSC_0150.jpg

ザクザクを期待したのにほろほろの食感でした。
次回は全粒粉に片栗粉(本当はくず粉にしたいところですがお高いので)の配合に
してみようかな~。

以前は大好きだったWalkersのショートブレッド。
先日、ちょっと口にしたら、
「う!」
うけつけませんでした。
酸化したバターのにおいがアウト。

私の大好きな本屋さんのレジ脇で売られていたいちごのショートブレッドを
買おうかどうしようか迷って、結局買わなかったことが悔やまれる。
いちごジャムが入っていたのかな。
乾燥いちごだったのかな。

ココア味、抹茶味、レモン風味、黒糖にメープル、
いろいろなバリエーションが楽しめそう、だけど
いちご味が食べたーい!の。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.21 21:19

DSC_0102_20090421192057.jpg

ちんまり。
国産小麦は最後の窯のびが弱いですなあ。
でも、もっちりとひきの強いおいしいパンが焼けました。
にっしっし。
さすがのはるゆたか!しかも100%を100%使用だぜい!!
贅沢うう♪

今回は水分量を大幅に調節しました。
ちなみにブログアップはしていませんが、その前はパートフェルメンテ法でチャレンジ。
結論:水分調節のほうが楽←当り前か

写真右はメープルうずまきまき食パンです。
メープルシートは富澤商店のこちらを使用。
ソルビン酸、グリシン、pH調整剤、乳化剤不使用というのがよいな、と思って購入しました。
シート類、自分でも作れるようですね。
一度作ってみようかしらん。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.20 19:29

DSC_0083_20090420184823.jpg

Preserved Lemon=レモンの塩漬★
タジン鍋やクスクス料理に風味をプラスしてくれるモロッコの保存食だそうです。
パセリたっぷりサラダのタブーリにも入っているのかな。
いろいろなレシピがあるようですが、私の作り方はこんな感じ~。

皮を使うので無農薬レモンを使用します。
今回はオレンジと自然交雑してできたほんのり甘いマイヤーレモン。
冬に出回る青レモンで作ってもまた別の味わいになるそうな。

①レモンは洗って水気をふきとり縦十文字に切れ目を入れる(切り離さない)
②レモン1個に対して大さじ1の自然塩を切れ目にすりこむ
③煮沸消毒した瓶にレモン、まぶさる程度の塩、レモン、塩の順にぎゅっといれていき
 2~3日そのままおいておく
④果汁があがってきたところで、新たにレモン果汁をしぼりレモンがしっかり浸かるまで
 加えていく(ここで水を加えるレシピもある)
ローリエなどいれてもよいようですが、ここはシンプルにレモンと塩のみで。
1か月ほど待つとおいしくなるそうな。
ちなみに新たにしぼったレモンの皮はこの後、レモンピールになりました。
無駄なく使うのだわさ。

薄く切ってオードブルの飾りしてあるものを食べたことがあるのですが、
レモンピールとも違う、独特の味わいでした。
レモン?よねえ?と頭の中をクエスチョンマークでいっぱいにしたっけ。

さて、何つくろ。
パセリがわさわさ育ってきてるのでタブーリでもつくろかな?

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 春ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.20 02:13

DSC_0049.jpg

庭のライラックが咲きました♪
好きだなあ、この花。
大木になって、こぼれんばかりに花が咲いたらどんなにかきれいだろ…。

最近の私はバラの奴隷です。
むううう、バラゾウムシ&チュウレンバチめ。
基本テドトールで対処してますが、毎日毎日毎日毎日←もういや!
新芽や蕾をむしゃむしゃ食っておるのです。
今日なんぞ逃げるチュウレンバチを足で仕留めましたがな。

ここ数日、どんな会話もすべて自慢話になる人と話していてややぐったり。
最後は単なる音になって脳みそに届いてこなかったけど。
自分のことをたくさん話す人ほど人の話を聞かない(人が多い)よな気がする…。
「コミュニケーションが成立しているときは、どちらかが相手の理解と共感を得るために
どこかで上手に妥協しているはずなんですよ。」とは任天堂社長の言葉。
会話が一方的になっていないかなんて、ほんのちょっと注意してればわかりそうなもの、
だと思うのですがねえ。
ちなみに私は娘の
「おかあちゃーん」という呼びかけには
「はーい!」や「なあに~?」と意識してややおおげさに反応するようにしてます。
この返事こそ会話の第一歩だと思うのです。

| | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.20 00:06

DSC_0057.jpg

私の誕生日のお祝いランチです。
当日、いきなりの予約にもかかわらず、
べジフレンチで対応してくださった樋口シェフのお店「レストランMORI」
油山の中腹にあって福岡市内が一望できるすってきー☆なレストランです。
反抗期のおちびにもとても親切にしてくれて、さりげな~い心づかいのおかげで
本当に楽しい時間を過ごせました。

写真はお米のサラダです。
お野菜たっぷり。
アボカドやハーブ、胡桃オイルがアクセントになっていて
プロバランスのサラダだなあ。

メインはこちら。

続きを読む

| 外のごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.04.15 19:46

DSC_0007.jpg

にょきにょき。
先日のグリーンアスパラに続いてホワイトをば。
グリーンもホワイトもアスパラはぶっといのがおいしいです。
グリルでこんがり焼いたホクホクのところを
マッシュルームソースでいただきました♪

左の付け合わせはアボカドです。
きゅうりをいれてさっぱり。セロリでもおいしいですよん。
香りはディル。
庭に植えたので使い放題なのです。うっひっひー。

ブリオッシュは、情熱のパン教室の宿題で焼きました。
なるほどねえ、こんな風にするとこの形になるのかあ、という成形。
でも、家ではよっぽどのことがない限り作らないでしょう。
だって!だって!
バターと卵の量が半端じゃなーい!!
卵なんて足りなくて近所のスーパーに走りました。(車が)
おののける。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 春ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.04.14 21:44

DSC_0211.jpg

八女にある「cafe oluolu」さんのランチです。
森の中をさくさく歩いて到着~♪
ゆったりした雰囲気の店内にほんわかした雰囲気の店主さんで、
ゆるむ…。

車麩カツのトマトソースが濃厚でおいしかったです。
ちびはポタージュに夢中でした。

さって、私ごとですが、歯の矯正をしようかな、
と昼間のテレビを見ている時、なんの脈絡もなくいきなり思い立ちまして、
今日、検査に行ってきました。

歯型をとっているときのこと。
マスクをした歯科衛生士さん 「目をきゅっと上にあげてもらえますか?」
私 (え?目を?と不思議に思いつつ) まぶたをきゅっとあげてかっと目を見開く。
歯科衛生士さん 「すみません、きゅっと上に。」
私 さらにかっと見開く。
歯科衛生士さん 「上がりませんか?べろ…。」
べ、べろか…。
マスクをしているので聞き取れなかったぜよ。
矯正歯科でおおみえ切ってどうすんの、私。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 外のごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.09 23:15

DSC_0006_20090409190529.jpg

今が旬のアスパラガス♪
さっとゆでて薄切りに。
ゆでたじゃがいもと豆腐マヨネーズであえてサラダにしました。

じゃがいもは皮ごと静かにぽこぽこと沸騰するくらいの温度でゆでると
でんぷんが糖化して甘くおいしくなります。
ちょっと皮をむいてみて、でんぷんがざらざらっとしている時は、
水っぽくて味が薄いおいしくないじゃがいもなので、
皮ごとではなく皮をむいて塩多めでゆでるとよいですよ。
ふっふっふ、陰陽ですなあ。
じゃがいもはでかいのでなく中くらいの大きさのものがおいしい確率高し。
これも陰陽。
せっかくマクロビオティックを勉強しているのだから活用しなくちゃ!だわ。

豆腐マヨネーズは簡単バージョンです。
豆乳、梅酢、白みそ、練りゴマ。

味のアクセントに原了郭の黒七味。
香り豊かでおいしいです。
実は納豆とあいます。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 春ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.04.09 11:29

DSC_0332.jpg

写真はピンクマシュマロという名前をもつ苺です。
ピンクの花びらがとおおおおっても愛らしいのですが
実らん…。
葉をかきわけかきわけその実を探す日々は連敗記録更新中です。

さて、つぶやこう。
うちの娘は、アレルギーの関係上、マクロビオティックな食生活で過ごしています。
肉、魚、卵、乳製品、小麦を食べず、米と野菜オンリー。
「たんぱく質が足りない?」と心配した時期もありましたが、
身体は小粒ながらもバランスがとれていてきゅっとつまっている印象。
そして、驚くほど転ばないのです。
おもしろいのは、野菜ばかり食べたがる時期と米ばかり食べたがる時期が交互にあって、
どうも、野菜=背がのびる時、米=体重が増える時、のようなのです。
食べ物の持つエネルギーを本能的に理解してるとしか思えない娘の食行動。
最近、もうひとつ、マクロビオティック食の影響なのかな?と思っていることがありまして、
歯並びがものすごくきれいでイルカのようなのです。
歯科医からも褒められる美しさ。
私が歯並び&噛みあわせの悪さからくる慢性顎関節症でつらい思いをしているので、
娘の歯を見るたびに「よかったことだよ。」としみじみ思います。
だから娘よ。逃げずに仕上げ磨きをさせんかー!!!
反抗期MAXの娘は歯磨き大嫌い、なのです。とっほほー。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| つぶやく | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.04.06 21:36

DSC_0003.jpg

「春という字は~♪3人の日と書きますう~♪」
……。
変な歌詞。

いやあ。春ですなあ。
今日は庭に3時間生息してました。
草!草!草むしりくさ!(最後のくさは博多弁くさ)

夏野菜の代表選手と思われているトマトですが、
原産地のアンデスの気候に近い2~3月頃のものが
実もしっかりしておいしいのだそうです。
確かにずっしりしてる、かも。
おしりに放射状の線がたくさんあるものが子室が多くて甘いトマトですぞ。

さて、トマトソース。
にんにくと玉ねぎとトマトでシンプルに。
隠し味に、豆味噌を入れるとアミノ酸のうまみでコクがでます。
陰陽バランスもとれるので豆味噌ははずせないっすね。

今回の目玉は豆腐チーズでしょうか。
久留米の道の駅で購入しました。
味噌漬け豆腐を燻製にしてあるのですが、
口に入れると食感は違えどそこはかとなくベーコン。
脳みそが「今、ベーコンを食べていますか?食べていますね。懐かしいです。」
とハートに語りかけてきました。

以前から欲しかったこちら熱がいっそう燃え上がり、火事です。

嫁入り前に、中華鍋で燻製をつくり、鍋も鍋蓋も
もう、燻製以外に使えないわ~♪という状態にしたことがあります。
鍋はがびがび、蓋は茶色の色がついて洗っても落ちない。
燻す香りは部屋に充満。
それ以降、燻製には手をださず。

でも、自宅で燻製ができるとマクロの食卓はがぜん華やかになるなあ。
悩み深き春です。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 春ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.03 22:46

DSC_0230_20090403213116.jpg

生産量が安定しておらず冬場はお目にかかれなかったハルユタカ100%。
評判のこの粉で、一度パンを焼いてみたい♪でも、どこにも売ってなーい!
と思っていましたが、ようやく流通。
富澤商店で無事購入できました。

粒子が細かくてさらさらしているなあ、が第一印象。
まずは、プレーンな食パンで粉の味を堪能すっぺ、そうすっぺ♪
といつものルセットで仕込みはじめました。
ところが、ゆ、ゆ、ゆるい…。
いつもとかってが違うので、ちとあせりました。
単純に水分量の調節したらよいのか、(でも減らすとぱさつく?)
はたまた湯種(やったことないけど)を使ってみるとよいのか…。
まあ、とりあえず食パンの形をなしているので今回はよしとしましょう。

くんくん。
ぱくっ。
おお!ほのかに甘い。もっちりしてます。
うまい!
でも、高いっす!!!
1kgが税込414円なり~。

やっぱり粉放浪の旅は続く…。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.02 10:52

DSC_0224_20090402104949.jpg

自分で焼けるもんですねえ…。
ライ麦にオレンジピール、レーズン、ラム酒漬けのクルミ、
そして邪道なホワイトチョコチップ♪を練りこみ焼きました。
もおおおっとたっぷりドライフルーツやナッツを入れてリッチに仕上げてもいいな。

ライ麦もフランスパン粉も北海道産のものを使用してます。
国産小麦は外麦と比較すると、たんぱく質含有量が低いので
どうしてもグルテン形成が弱くなってしまいます。
生地が扱いにくくなることもあるので、工程に工夫が必要ですし、
焼き上がりのボリュームや軽さは外麦に軍配があがる…。

でも、ポストハーベストのことを考えると、国産小麦がやっぱり安心~。
というわけで、うちは国産小麦でパンを焼きます。
みちっと詰まった感じも味わいも好きなのでやんす。

国産小麦も種類がたくさんありますよね。
お気に入りの粉を見つけるまで放浪の旅は続く…。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ→こちらもよろしくお願いいたします♪

| パン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.04.01 00:09

DSC_0346.jpg

春ですからポップに盛りつけ。

ふわふわ白玉、よもぎ白玉、紅麹白玉の3色。
ポンセンに、梅蜜寒天、つぶあん、いちご。
少量の水でのばした無糖杏ジャムをたらりとかけて
「いただきまーす♪」

うーん。
豆乳プリン、夏なら甘酒アイスをのせたらきっと、
いっきに味がまとまって完璧☆だなあ。
メモメモ。

最近、保存食をせっせせっせと作っています。
日向夏のピール、レモンプリザーブ、
キウイとパッションフルーツと白ワインのジャムにいちごジャム。
今、レモンピールを仕込み中。

無農薬の柑橘類が手に入ると
「皮も食わずしてなんとする!」という使命感に燃えてしまう私。
冬場のゆずなんて種も捨てないのですよ。
焼酎につけてペクチンを抽出しますの。ほっほっほ。
(注)冬場のゆずからしか抽出できない
(注2)もしかしたらジャムに使えるのかもしれないが、保湿クリームかわりに手に塗る

ビバ☆ホールフード!

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| おやつ | コメント(2) | トラックバック(0) | |