2009.06.30 22:44

DSC_0032_20090630220943.jpg

アールグレイで香り高く。
しかし見事なクリームダウン(=紅茶が濁ること)ですこと、ほほほ。
いくりシロップの甘みでいただくさっぱり寒天ゼリーです。
使えるなあ、いくりは。

シロップにレモンのスライスを入れたのもありますが、
微妙に発酵がはじまっていたようで、
いい感じに甘酸っぱい炭酸チックな爽やかさ~♪

矯正準備で歯、いや正確には歯茎がきしりきしりと痛むので
このようなふるふるデザートのおいしさがひとしおです。
あわない入れ歯でごはんを食べてる高齢者の気持ちが痛いほどわかる…。
タフグリップは入れ歯人生の救世主なのですね。
うんうん。
うんうん。
うんうん。←しつこい

ふう。今年も半分終わりましたね。
はやいなあ。
毎日が飛ぶように過ぎていきます。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.25 18:08

DSC_0035_20090625165847.jpg

うち豆は(青)大豆を蒸してから潰して乾燥させたものです。
すでに火が通っているので、水でもどしてすぐに料理に使える便利食材。
ブラボーですね。
ちなみに商品名は「押豆太郎」
……。
まったくもってピンときませんが、まあ、(このさいどうでも)よいでしょう。
今回は福島出身の太郎をエスニックに変身させました。
水でもどした太郎と黄パプリカをささっと炒めて
自家製レモンオイル(=無農薬レモンの皮を刻んでオイルにつけたもの)と
オールスパイスなどの香辛料で味付け♪
ごはんにのせて混ぜてもぐもぐ。
おいち。

木の器は、先日、
クラフトの店梅屋さんの企画展「村上孝仁作品展」で求めたものです。
5年ほど使用するとこんな感じになります~というサンプルと並んで
鎮座ましましておりました。
異国の器のようにも見えるその風情に目が釘付け。
「ううう、ううううううう。」
値段がのおお!!目ん玉が飛び出そうじゃー!!!
買ったれい!

結論☆買ってよかった。後悔みじんもなし。

作り手の器への愛情が立ちのぼっているのが見える、そんな器です。
使いこんで育てる器。
紫色の花が咲くセンダンの木の器です。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.24 23:04

DSC_0033.jpg

むむう。
写真では麺の存在感ゼロ。
でも、サラダじゃないのよお、韓国風冷麺なのよおおお。(叫び)
ちなみにガラス器は辻和美さんのめんちょこ(大)です。
いやはや、初めて器の名通りの使い方をした気がする…。←サラダでの使用頻度が高かった

麺は冷麦。
我が家は油使用のそうめんよりも油不使用の冷麦派なのです。
今回は人参、みょうが、青じそ、ゴーヤ、わかめでさっぱりと。
自家製ヤンニョムはタカコ・ナカムラ直伝です。
玄米甘酒とすりおろしりんごの自然な甘み、豆味噌のコク、韓国唐辛子がこれでもかー!
それぞれの家庭にそれぞれのヤンニョムの味があるそうなのでアレンジは自由自在。
これからの季節なら梨がよさげ♪
スイカもありなのかなー。
あ、韓国唐辛子が手に入らないことにははじまらんですね。

あまりにもおいしかったのでこんな料理も作ってみました。

続きを読む

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.23 11:33

DSC_0022_20090623095804.jpg

いくり。
いくりとは何ぞやという声が聞こえる(気がする)…。
いくりとは「郁季」と書くすももの一種です。
それはもう美しい美しいルビー色の果実は、
そのまま食べると甘酸っぱい(注1)。
(注1)よく熟していた場合 熟れていないと固くてすっぱい

果実酒にすると素敵な色のお酒にしあがるので人気のようです。
ちなみにうちの自家製いくり酒は10年以上熟成(というのか?)してまして
もはや気軽に飲めん。
my家宝、しかもたまに存在を忘れてる。←だから10年以上あるともいえる

写真は、このいくりを皮ごとザク切りし少しの甘みで煮たものをミキサーでピュレにし、
ささっと塩ゆでししゃっきりと歯ごたえを残したじゃがいもを和えたもの♪
一見、梅和えかとおもわせて、実は違うのだ。
はっはっは。
このいくりピュレとバナナ&りんごジュースでシャーベットも作りましたが、
鮮やかなカシス色~♪

私は果物をおかずにするのが、昔から好きだったのですが、
実家の家族(特に姉)にはいまひとつ不評だったなあ…。(遠い目)
でも、うちのおかんが作ったバナナとほうれん草のカレー炒めほど
奇抜、かつおよそ食いたくないものを作った覚えはない!
最初、白身魚のフライかと思って口に入れたバナナの衝撃は
言葉にできませんことよ。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.18 21:58

DSC_0032.jpg

お天気が続いたので2日間ほど縁側で天日干し。
それから、ドライオレガノをのせて刷毛で丁寧にオリーブオイルをぬりまして
100℃の低温で1時間ちょい、オーブンへ。
にんにくをのせてもよいのですが、
にんにくでござい!という強い風味になってしまうので、
アレンジをきかせたいときはあえて使わないのでーす♪

トマトのうまみをぎゅっと凝縮したセミドライトマトができました。
ボノボノ☆

何年も前にシチリアへ旅行した時に買ったドライトマトは
真っ黒でコチコチで、でもすんばらしく奥深い味。
主役というより脇役、いや、裏方で活躍しています。

完全なドライよりもセミドライのほうが使いまわせるので便利ですね。
今回はこげな料理に変身。

続きを読む

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.15 22:06

DSC_0026.jpg

スイートコーン、THE旬!!
甘いです。それはもう感動ものでして。
これをポタージュにせずにいられりょか。
缶詰や冷凍では決してだせないフレッシュならではの味。
裏ごしのひと手間を惜しまずになめらかになめらかに仕上げました。
はあ…。至福のスープだわあ。
うちのちびのおかわり攻撃が激しかったです。
「トンコンマ!」←とうもろこしのこと
「はいよ~。」
「トンコンマ!」
「はいはいよー!」
「トンコンマ!」
「ないよ!」

続いてもう一品。

続きを読む

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.12 20:58

DSC_0036.jpg

おからを使ってマフィンを焼きました。
まずは人参とラズベリーのマフィン☆
アーモンドプードルを入れたのでオイルは控えめにしました。
おからのおかげでしっとり焼き上がっていますが、
微妙にざらりと舌にあたるのが絶妙にいやかも…。

というわけでおからの量を少なめにしてリベンジしたのが
こちらのチョコモカマフィン。

続きを読む

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.10 19:21

DSC_0031.jpg

パン修行、あいかわらず続いています。
作りたい、でも粉もののとりすぎは避けたい。
ジレンマ、ジレンマ、ジレンマなのおおおおおおおお!!!!
焼くけど。←修行だから

今回は豆腐の水分のみで手ごねするルセットです。
ちなみに特許申請中の豆腐ブレッドのルセットもあるそうで。
いやあ、よくわからない特許ワールド。
あ、師匠の製法も特許申請中ですが、どこがどのように特許になるのかさーっぱりわからない。
でも、おいちくできるのは確かです。

さて、豆腐ブレッドの話。
乳化剤でもある消泡剤が入ったものだと
パンの出来上がりに影響するとのことで消泡剤不使用の豆腐を購入。
この豆腐の消泡剤、食品衛生法だと加工助剤に該当するので記載義務がないのです。
ということは…
「消泡剤不使用」と表示されてある豆腐でないと使用されている可能性大。
ふう、食品の裏側。
消泡剤の代表、グリセリン脂肪酸エステルは比較的毒性が低いと言われている添加物では
ありますが、ものすごーくたくさんの食品に乳化剤として使用されているので、
一日の摂取量は意識していなくてもそこそこの量になるのではないかしらん。
しかも、それ自体に毒性はなくても、乳化剤のもつ特性を考えれば
もっと毒性の強い添加物の吸収を促進している可能性だってあるはずうう。
何をもって安全といっているのかこうなると摩訶不思議。
しかし食品添加物について勉強すると何も食べられなくなるわい。
食べるけど。
買う前に原材料をみまくる私。
避けて通れない添加物の山ですが、常に意識して買う買わないを選択したいのだー!!!
はあ、はあ、はあ。←アドレナリン放出中

え?何の話でしたっけ?
豆腐ブレッドでしたね、忘れてた。

ふわふわもっちりでおいしいです。
和の素材と相性よしでしょう。
ひじきとか青のりとか混ぜ込んでみたい。野望♪
ちなみに今回使用した豆腐は「くぼさんちの絹豆腐」。
うちはいつもここの豆腐です。
し、し、しかも2割引の見切り品を狙い撃ち☆

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.08 20:10

DSC_0015_20090608194707.jpg

初夏なのに、寒い…。
なんだかあったかいもの食べたいずら。でも、ずっしり重いのはいやずらー。
というわけで具は軽やかにキャベツとしいたけ。
キャベツは一口大、しいたけは薄切りにし、ささっと炒めておきます。

絹ごし豆腐とアボカド←チョコムースの材料の残りですの、ほっほっほ。
酒粕と米味噌に酢を加えてチーズっぽい仕上がりのソースを作りました。
天然酵母のパン粉で焼き色をつけてできあがりー♪

簡単だけど、うまかったっす。
キャベツがね、甘くて。

いやはや、しかしアボカドのクリーミーさは応用がききますね。
ノンオイルにしたいけどコクも出したいときの必須アイテム!
アボカド万歳☆
でも、ポストハーベストの問題もあるのでたまに食べることとしよう。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.04 17:08

DSC_0011_20090604165309.jpg

できました!
ココナッツミルクとレモンのプリンから試作2回(だけ?でもできちゃったんだもーん)。
ふわふわです。ムースチックです。
これをムースとよばずして何をムースとよぶというのか、よよよ。
あり?
そういえば、アンチムースな姉妹なのに、どしてムースに固執してんだ?私。

もちろん乳製品、卵は不使用です。
オーガニックチョコとココアを使っているのでマクロビ的には
陰性極まれり、でおすすめできませんがの。

豆腐は絹ごしを、そして、アボカドをちょっとだけ使うのがポイントでござんす。
アボカドのクリーミーさと青くささが、不思議と卵っぽくてコクがでてます。
よかった、よかった。
アボカド万歳☆

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| おやつ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.06.04 16:49

DSC_0017.jpg

ほぼ1日がかりでせっせ~と縫っただよ~♪
はよ夏よ、来い!しかも来年の!

現在、既製服サイズ95cmの娘。
型紙サイズは、え~と、90cm、100cm、110cm、
ふむ、では100cmで型紙をとるとしよう。←型紙補正能力ゼロゼロワンダフル

作っているときから、ちっと大きい?大きいよね?と
微妙に裏寂しい気持ちがよぎりながらもせっせとミシンをふむ私。

できたぜよ!試着してくれい!
結論=来年着ましょう、そうしましょう♪

2日ほど前から、娘が私のことを
「おかあはん」と呼びます。
きょ、きょ、京都弁どすか、娘はん。

| 手作り | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.06.01 23:39

DSC_0006_20090601221527.jpg

削り人参(直訳)、見参!

基本は人参を細切りにし塩・こしょう、ヴィネガー、オイルであえるだけ。
スライサーを使っていっそう細細にするもよし。
グレーターで粗めに削ってもよし。←ざらりとした断面のおかげでドレッシングとの馴染は最高☆
ピーラーでぴらぴらにしてもよし。

今回はレモン果汁とピーナッツオイルで軽めに仕上げましたが、
どんなヴィネガーとオイルを組み合わせるかで、味の印象がずいぶん変わってくるのが、
このキャロット・ラペのおもしろいところでしょう。

アレンジも星の数。
ナッツやレーズンなどのドライフルーツを入れる、
いろどりに赤玉ねぎのマリネやセロリ、きゅうりなんぞを入れる、
マスタードをいれてみる、
カッテージチーズを入れる→私の場合は豆腐チーズですが
豆や雑穀を入れる、などなど。
思いつくだけでもほらこのように。

というわけで好みのキャロット・ラペを探す旅はまだまだ続く…。

ちなみに今回のアレンジは、きゅうりとパセリ&ローストヘーゼルナッツ☆

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 初夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |