--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.08.31 11:52

DSC_0015_20090831112503.jpg

ナスは米ナス。
アメリカ産のブラックビューティーという品種を改良したものだそうですぞ。
つやつやと黒光りしてる様はまさしく黒美人の名にふさわしい!
通常のナスよりも水分が少ないので、炒めてもさっくりした歯ごたえが残ります。
形が崩れないので、マリネに最適♪
ナス田楽に使われるのも同様の理由です。

サイコロ状にコロコロ切ってオリーブ油で炒めてバルサミコ酢でマリネ。
いろどりに茶豆とルッコラ。
シックウルトラで決めてみました。
ゴマ油で炒めて黒酢でマリネしたらば中華風に変身するでしょう。

スーパーで有機栽培の白ナスを見かけたので一瞬手をのばし
またもどしてしまいました。
むう。
せっかくなら白い皮の部分が印象的な料理にしたい、
瞬間的にレシピを思いつかなかったので
「また今度~♪」←もう会えないかもしれないけんど

生ゴミリサイクルの土から勝手に芽が出て
すくすく育ちピーマンができました。
素敵すぎて感動…の8月最後の日です。
スポンサーサイト

| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.28 20:24

DSC_0010.jpg

食欲がでる一品だわん♪
和の冷麦にそのまんまトマトソースをかけるのも芸がないずら、と思いましたので
ソースの甘みをみりん粕でつけました。
玉ねぎを炒める手間が省けるのでスピードクッキングが可能☆
みりん粕の商品名は「こぼれ梅」でっす。
風流ですなあ。

そのうえにルッコラ、さらにエクストラヴァージンオリーブオイルをさらさら~。
つるりといただきました。

しかし、そろそろ身体を初秋にあわせてシフトさせていかんと…。
蓮根も新物が出はじめましたしね。
ちなみに夏の土用ですが
旧暦を新暦に換算すると入りが9月7日、明けは9月24日になるようです。
土用の時期は陰陽の気が乱れて体調を崩しやすい時期。
みなさま、この時期は小食にして
少し陽性よりのかぼちゃやキャベツなど丸い甘い野菜で膵臓をいたわりましょー♪

| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.24 23:27

DSC_0027_20090824225851.jpg

ライ麦で酵母を起こしてパンを焼きました☆
ライ麦はグルテンが少ないので、強力粉(今回はハルユタカブレンド)をプラス。
初めて扱った生地の割にはふんわりできました。
むっふ♪

なーんてのんきぶちかましている余裕は実はなかったここ数週間でして…。
娘→夏風邪
私→見事にうつって夏風邪

体調いまひとつのなか、
パン教室師範(初級・中級)の実技&筆記試験を控えていてあわわわわ。
課題のラウゲンプレッツェルの練習をし、宿題の生プルーン酵母を起こしてパンを焼き、
津波のように直前に資料の復習をし…。
こんなに多忙なのになぜに私、無関係のライ麦酵母パンを焼いているのか。←現実逃避

写真のディップは白花豆。
にんにくと玉ねぎ入りのおかずディップです。
うまうま。

他にもこんな現実逃避をしてますです。

続きを読む

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.18 15:28

DSC_0013_20090817173823.jpg

夏風邪、ひきました…。
ゼロゼロというもの悲し~い音が胸から聞こえます。
かすかに喉が痛いなあ(娘にうつされた)→甘いものがすんごく食べたいぞう
→欲望のままにむしゃむしゃ♪
食べ終えて満足した瞬間に
風邪がひどくなる小さなサインを見逃した!と気がつきました。
風邪ひきまえには、過食になったり甘いものへの欲求がぐんと増します。
ウイルスや細菌がおいしいごはんをたくさん食べたがるからだと私は理解してますが。
その後、喉の痛みは急激に悪化し、咳もではじめ
コーレンじゃもうびくともしない…。

「風邪のひきはじめは小食、できれば絶食にし、水分をちびりちびりととって身体を潤すとよい」
知ってるだけじゃねえ。
実践してなんぼよねえ。
はー、ゼロゼロ。
熱もないし、胸からは湿っぽいゼロゼロ音が聞こえるし、完全なる陰性の風邪。
豆味噌でおじやでも作ろっかな。

さて、写真は、風邪をひく前に作った
焼ナスとササゲ豆の冷たいお浸しです。
ちびシークァーサーをぎゅっと搾ってあっさりと夏向きに。
ナスは数か所、串でさして(破裂防止)真っ黒になるまで焼くのがコツ♪


| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.14 21:57

DSC_0044.jpg

ある日、三越地下2F野菜売り場をふらふらと歩いておりました。
鞘から出された600円のソラマメパックの中にひとつだけ
「200円」の値札がついたものがありました。
それは、鞘のはしっこにいたであろうちびソラマメの寄せ集め。
迷うことなく持ち帰り、
おばちゃんはそれをクロケットにしましたとさ。

ソラマメ100%でもおいしいのですが、今回はじゃがいもと一緒にマッシュ。
コロコロに成形しました。
かわいい♪
小さいと衣のサクサクと具のバランスがよくてスナック感覚で食べられますね。
揚げる油の量も少なくてすむので、ミニサイズで作るのがマイブーム。
たっぷりのルッコラとレモンを添えて~♪

レモンと言えば。
ここ数日、晩ごはんの塩加減がやや強めだったのか、のどが渇いて仕方ない…。
そんなときは、レモン水。
ごくりと飲めばあら不思議。
あっという間にのどの渇きがおさまります。
「ん?おさまらんが!」という時はさらにレモン水を飲みなされ。
それでもおさまらんが!という方は、このさいレモン汁をストレートでどうぞ。
ちなみに昨日はシークァーサー水を飲んでみましたが
おいしかった…。
あ、喉の渇きもちゃんとおさまったさー。

| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.12 15:05

DSC_0027_20090812141320.jpg

まずは豆乳プリン☆
甘く煮た小豆をトッピングして和風にしました。
葛と寒天でふるふるる。
無調整豆乳を使う時は、火加減と加熱時間に注意なのです。
なぜならば、湯葉になって分離すっからっす。
木べらで絶えず混ぜるのもポイント。
ううーん、めんどくちゃーい!という場合は調整豆乳でどうぞ♪

お次は抹茶プリンにアレンジ。

続きを読む

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.11 18:17

DSC_0009.jpg

夏は~♪来ぬ(きぬ)~♪(訳)夏が来た!やっとこさ!
古典カ行変格活用。こ、き、く、くる、くれ、こ、こよ。
高校生諸君、暗記あるのみ。
ちなみに「ぬ」は完了の助動詞ね♪←どうでもいいが

はあ、暑いれす。
娘は2度ほど水浴びしてご機嫌ちゃん。
冷房はね、冷房はーーーー!!夕方まで我慢の子…。

さて、夏バテ防止に発酵食品を食べてます。
麹屋本店さんの無添加・無着色・国産材料にこだわった米麹で
知人が手作りしてくれた塩麹を使って
がんも、おくら、しいたけをマリネしてオーブンで焼きました。
タカコ先生のレシピを和風にアレンジ。
素材のうま味がぐっと増すのは麹のアミノ酸パワーですなあ。
すんばらしい。すんばらしいです。
ホールフードスクールの仲間が塩麹を隠し味に桃ジャムを作ってくれましたが
同様に桃のうま味がUPしてました。

「ん?なんかうまいけど、何だ?」と思う魔法の発酵調味料。

ヨガ、続けてます。
2回ほどレッスンにも参加してみました。
ほけら~っと先生を見ていたら
先生のおへそのあたりにぐうっと気が集中して安定してるのが見えてきて
「手足はタコなみにくにゃくにゃなのにすごいなあ…。」と思いつつ
はいポーズ。吸って吐いて吸って吐いて吸って吐いて、のび~。
のび~。
のび~。
のびん。
はあはあはあ。
息を止めてはいけませなんだ。
しかし、ポーズに集中すると息が止まり、呼吸に意識をむけるとポーズはおざなりに。
でも、おもしろいです。
身体の声は。

| 夏ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.08.07 00:25

DSC_0006_20090806230057.jpg

シンプルモダンマクロビオティックの平田シェフのスイーツ講座に行ってきました。
会場は、久留米の赤い櫨の庵さん。
古民家の素敵なレストランです。
たまーに九州遠征されるシェフをおっかけ続けてそろそろ2年になりましょか…。
毎回、必ず
「なるほど~♪」と思うプロのコツを披露してくださいます。

今回のチョコムースなんて
寒天を使わず少量の葛のみで固まってしまう考えぬかれたレシピを惜しげもなく公開。
最近、出版されたシェフのレシピ本にもチョコムースのレシピがのっていますが、
さらに改良されたのだそうです。

デモ形式の講座だったのですが、
印象的だったのは、作ると同時にささっとスマートに片付けられるので
台の上はいつも整理整頓されて美しい~☆

「マクロビオティックは楽しい♪」
おずおずとシェフのレシピ本にサインをお願いしたら
マイ筆ペンをささっと取り出してさらさら~っと書いてくれました。

福岡でシンプルモダンの風を吹かせたいものです。
ただいま水面下で足をバタバタさせちょります。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 教室 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.08.01 23:41

DSC_0037_20090801224608.jpg

暑ければ暑いほどおいしいカレー。
香辛料は身体を冷やしますけんね。
このタイカレーを作って食べた頃は、まだ暑くて水不足を心配していたくらいでしたが、
今はたっぷん状態のダム。
たっぷんたっぷんです、たっぷんたっぷん。

タイカレーは市販のペースト(もっちべジ仕様)があるととっても簡単にできます。
レッド、イエロー、グリーンと3種類ありますが、私はグリーンの辛みが好きでして。
ココナッツミルクは必須アイテムですので準備は怠りなく!
ナスとゴーヤ、プチトマトにがんもは、
フライパンで焼いてからのせる後のせスタイルです。
色が美しく見栄えがしますし、
夏は煮込むより軽く火を入れるくらいのほうがおいしく感じますよね。
しゃきしゃきもぐもぐ。
玄米の炊き方もあっさりパラパラで炊きあがるようにちっとばかし気をくばりつつ。

ああ…、玄米で思い出しました。
先日、大楠の「FIDA」でいただいた玄米は驚きのおいしさだったなあ。
敏腕女性シェフは、圧力鍋であっさりパラパラでも噛むと絶妙なもっちりさのごはんを炊く、
というハナレワザをやってのけるプロ中のプロなのです。
水の量、浸水時間、火加減、加熱時間、圧のかけ方、むらし時間、
それこそ無数の組み合わせでいかようにも炊けてしまう玄米。
いただき物のスイカやメロン、巨峰を「腐らせてなるものか!」とがつがつ食べた挙句、
すっかりおなかがゆるくなっていた私の体調は
このミラクル玄米ごはん一食ですっかりよくなってしまったのでした~。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ←こちらもよろしくお願いいたします♪

| 夏ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。