2009.12.31 18:20

DSC_0147.jpg


ど~んより雪、かと思えば、青空がでるお天気だったりと
目まぐるしく部屋の電気をつけては消し、つけては消すを繰り返す大晦日です。

年越しメニュはこんな感じ~。

百合根のハーブオーブン焼き
人参のフライ~オリエンタルソースで~
スイスチャードと塩麹のソイチーズサラダ
ラディッシュといちごのマリネ
豆腐オムレツ
白てぼ豆と蕪の葉のおむすび

旦那用に 和牛ときのこのソテーをブランデー風味で作りました。
滅多に滅多に牛肉を食べない(食べさせないが正解ですな)のですが、
年越しの時くらいはね♪
信頼できるお店で購入!

胃袋に余力があればそばがきを作る予定。

さて、あいかわらず実感なく2009年を終えようとしてまする。
教室をはじめて、マクロビに対しての姿勢が微妙に変化しているのですが、
来年はひたすらバランスというものに意識を集中してみようかと思っています。

ヨガも続けますよ~。
身体と脳みその関係をこれほど教えてくれるものはないですからに~。
知りたいのです、もっと世界の不思議を。

はじまったばかりの教室へお越しくださった皆様、
ブログにおつきあいくださった方々へ
心からの感謝を。

来年は満月からスタート♪
皆様の心に素敵な何かが満ちあふれる年になりますように。

| マクロビおせち | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.30 13:58

DSC_0137.jpg

不思議な一年でした。
「ちびは未就園児クラスに通う」「自宅料理教室をはじめる」
というなかなかにダイナミックな変化があったにもかかわらず、
すべての出来事の印象が薄い。
さらさら~と流れていくばかりで実感がともなっていないので
今さらながら愕然としています。

そのことこそが意味のあることなのかな。
後になってから何かがじわりとくる年なのかもしれません。

料理教室を通して直接的にも間接的にも
たくさんの「はじめまして」を経験して感じたのは
人に会えば会うほど自己理解は深まる、らしい…。←あくまでも道の途中なので断定はしない。
世界は広いな、いろんな人がおるな、さて自分は??
と自問自答の内面への旅を続けております。
どうせ行くなら中に、さらに中に。

静かにコツコツと仕事をしよう、と思います。

さて、おせち仕込みは続く。
黒豆に酢蓮、菊花大根(白)に菊花かぶ(紅)←写真
などなどは完成。
今はごぼうと人参の昆布巻きがくつくつと鍋の中でスタンバイしとります。
去年より要領がよくなっている気がする…。
うひゃ♪成長してるうう♪
でも、作るものを紙に書いとかないと作り忘れる予感。
成長というより老化か。ちっ。

| マクロビおせち | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2009.12.29 22:31

DSC_0092.jpg

ちびの託児所のクリスマス会に持っていきました。
毎度おなじみ、卵・乳製品を使わないマクロビ仕様です。
米粉も入れました。
巻けさえすればホールケーキよりデコレートは簡単じゃのう。
巻けさえすればの…。
苺は中まで赤い「あまおう」を使うとかわいく仕上がります。

嗜好品であるお菓子はきれいであってほしい、とひそかに思っています。
ざっくりとした焼きっぱなしのクッキーも
よくみると意識的なざっくりなのか、
無意識のざっくりなのかで美しさは大きく異なる、と思う。

自分で作るならなおさら美しく作りたい。
でも、作れば作るほど限界が見えるので、
きちんとフランス菓子の教室に行こうかと思うほどです。
(パンの時も、自己流の限界を感じて今のお師匠さまの教室に行く決心をしたっけ)
本に載ってないのです、大事な部分は大事であるほどなぜか。
基本はきっとマクロビに応用できる。

と思う年末。(おせち仕込み中)

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.27 22:27

DSC_0119_20091227213111.jpg

家族ぐるみのホームパーティーの一枚です。
た、た、楽しかった…。
みなさん個性がきらきらしていて、全体のトーンが明るくて、
初めての会でしたが、長続きしそうな芽があちこちに芽吹いている予感がしました♪
でも、矯正器具がいちいちいちいち唇にひっかかって
「うまくしゃべれないのおおおおお!!!!」
釣りあげられる魚の気持ちがよっくわかりました。

持ち寄りのごちそうはもちろん全部お野菜です。
手前から
ベジラザニアに柿の柚子マリネと焼柿。
豆腐チーズに雑穀シュウマイに梅塩むすび。
洋風な浅漬にかぼちゃと人参と胡桃のサラダ。
ベジつくねにアボカドディップと餃子の皮チップス。
豆腐の塩麹グリルに
ラディッシュなどの生野菜を蕪の葉のピュレとバジルソースのドレッシングで。
写真にはありませんが、セイタンのシチュー、ローチョコレート、りんごの八角煮、
米粉のプディング、三河みりんの梅酒に一二三糖の梅シロップ。

気合いじゅうぶんでひととおり食べまして、
さらにふたまわりし、みまわりし、よまわり…(もちょっと続く)。
バラエティー豊かでいくらでも飽きずにまわれちゃうよお。
たくさん食べたのに、翌日、まったく胃もたれなぞせず、
むしろすっきり元気。
ブラヴォー!野菜はすばらしい。

なんというか「出会いに感謝♪」的なコメントが非常に苦手といいますか、
薄っぺらな印象でこっぱずかしくて
「言えるか!」と思っているのですが、
このさい年末ですし思いきって言ってみましょうか。

「出会いに感謝感激雨あられだよーん!」

これが私のMAXの表現なのら、れれれのれ~。

| 冬ごはん | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2009.12.24 22:18

DSC_0062.jpg

乳製品も卵も使わないシュトーレン!!でっす。
糸島の自家製酵母のパン屋「のたり」さんのものです。
あいかわらず、これでもか~とドライフルーツとナッツが入っています。
植物性だけで、ここまで本格的なシュトーレンを作ってしまうなんて、
「すっげー!」(すっげー、すっげー、すっげー←以下エコー)

うふ♪
なるほろ~というヒントをいただいたので、
来年、試作しちゃおっかな~。

栗風味の紅茶と一緒に
大掃除の合間の「ほっと一息タイム」でした♪

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.22 13:51

DSC_0068.jpg

1月のメニュは

ベジチーズフォンデュ
蒸し野菜いろいろ
打ち豆とパプリカのホットサラダ
無圧炊き玄米のおむすび

です。

ベジチーズは自家製豆乳ヨーグルトを使います。
グラタンにもピザにも使える優れもの。
試行錯誤したとろ~りなレシピをお伝えしますのでお楽しみに♪

お正月で疲れた胃腸はたくさんの蒸し野菜でいたわりましょう。
たかが蒸し野菜、されど蒸し野菜。
丁寧に蒸した野菜のおいしさは格別です。

今回は、玄米の炊き方のレクチャーをします。
年末年始のごちそうで、皆様、体調が陽性にかたむいているかな、
と思いましたので、圧力をかけずに炊く陰性よりの玄米でスタートします。
おむすびとおにぎりの違いのお話もしましょう。

手ごねパンは
私めの得意とするイングリッシュブレッドの生地で
シナモンロールとあんぱんを作ります。
名画「かもめ食堂」のシナモンロールの成形にしてもおもしろいかな♪
フランスパン粉を使いますので、さっくりと軽い口当たりのパンが焼けます。
卵、乳製品を使いますのでご注意ください。

カードの案内をご覧になった方へ
娘の託児の都合で開始時間が10時から11時に変更になりました。
ご迷惑をおかけしますがなにとぞご理解、ご了承ください。


★11時~14時まで★

穀物菜食料理
1月8日(金曜日) 4名まで 
1月12日(火曜日) 4名まで
1月30日(土曜日) 4名まで

瓶入り自家製豆乳ヨーグルトのおみやげ付
時間があれば、瓶のラッピングもしましょう。

手ごねパン
1月28日(木曜日) 2~3名
一汁一菜の滋味ランチ付き

です。

*自宅での料理教室ですので、女性限定にさせていただいております。
*お子様連れのご参加も、デモ形式ではないため安全面を考慮し御遠慮いただいてます。
なにとぞ、ご理解、ご了承くださいませ。

料金 3500円(材料費込 穀物菜食はおみやげ付 パンはランチ付)

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

takitaki38アットマークyahoo.co.jp
アットマークを@に変換してくださいね♪

なお、2日以内に返信がない場合は、メールの不具合が生じている可能性もありますので
コメント欄にお名前、ご用件、メールアドレスや電話、FAX番号などの連絡先をご記入ください。
折り返しご連絡いたします。
コメント欄は私の承認後に公開となりますので、他の方に個人情報を知られる心配は
ございません。

*キャンセル料について
振替以外のキャンセルにつきましては
3日前は50%、2日前からは100%、料金を頂戴しレシピを郵送させていただきます。
材料など一人で準備いたしますので、ご理解いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

お気軽におたずねくださいませ~♪

| 食べごと教室 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.12.20 11:50

DSC_0052.jpg

シンプルなプチパンを焼きました。
全粒粉50%配合。
ふふふ~ん♪
粉のセレクトも楽しいな、と思います。

全粒粉はふすまや胚芽がグルテンの形成を阻害するので、
優しく生地をあつかってあまりいじらないのが
ふんわり焼くコツ、かなあ。

今日は冬至ですね。
一年でもっとも低い太陽、一年で一番長い夜。
我が家の深い軒をものともせず陽が射し込んできてます。
空の上のほうでは風がびゅうびゅう吹いている模様です。
雲が音もなくマッハで流れていくもんで。

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.17 17:37

DSC_0061.jpg

タルト生地にクレームダマンドに洋梨の白ワイン煮という構成っす。
もちろん卵、乳製品不使用です。
洋梨を焼き込むレシピもありますね。
次はそっちにしよー!やったことないけんど。

タルト生地に米粉を配合しましたが、若干固めの仕上がりでした。
ううーん…。
さっくりさくさくの生地が好きなのです。
そんでもって厚めのタルト生地が好き~♪
沖縄のRoguiiさんでいただいたチョコタルトは
厚めの生地に濃厚なチョコのバランスが最高だったなあ。

側面がまっすぐでシャープなタルトが焼いてみたい。
サンタさん、タルトリングが欲っしー!
それもね、18cm1個か6cm4個です。←妙に具体的
うう、でも21cmのこのナミナミタルト型で十分じゃないの、私よ~。
じゃあ、6cmを4個で…。←しつこい

お菓子の型はそれ「専用です」というのが多いですよね。
ないとやっぱりきれいにできないのがつらいとこ。

緑のピスタチオを添えて。
シシリー産ばい、ドンコルレオーネ。

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.16 16:07

DSC_0152.jpg

LIBERAの「Far Away」
空から降ってくるような音。
いや、声か。

聴いていると胸が開いていくのがわかります。
新月で締まろうとしているので、若干アンバランスになっているのですが、
圧倒的に開く。
音階があがってあがってあがって極まったときに、
音にのせて何かが一気に昇華しているのですが、
宗教音楽以外であんまり耳にしない崇高さです。

世界は美しい。
菜の花と空の淡さと光のコントラストも、
ポッケに手をつっこんで肩をすぼめて歩く冬の風景も。

と思う。

では、空港にうちの旦那さんを迎えにいってきま~す。
東京に出張しみやげをたんとかかえて帰ってきますけんね。
三之助の玉ねぎがんものお帰りじゃー!!←あくまでもがんもでなく旦那を迎えにいく
おのおのがた、まいる。

| つぶやく | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2009.12.16 10:28

DSC_0060.jpg

ほう…。あったまるうう♪
冬の定番シチューです。
敢えて色味を押さえて黄緑と白でシックに。
アクセントは生姜。
米粉でとろみをつけました。

高野豆腐はそのまま戻したものをいれてもシチューと調和せず
「なんかぱっさぼっさなものが微妙に舌触り悪くはいっちょる。」
という感じになります。
前もって味をつけてやわらかく煮含めたものを入れるとおいしくなりますので、
お試しください。

この高野豆腐、ダイオキシン(発がん性物質)の
肝臓蓄積を80%抑制、かつ排出促進という
ラットを使った実験報告もされているようですね。
豊富に含まれる亜鉛にメタロチオネインという金属結合蛋白質の誘導能があり、
発がん性のある重金属を体外に排出する効果が期待できるよう。
普段の生活ではなかなか開かない皮脂腺を酵素風呂や砂風呂で開くのも
重金属を排出するひとつの方法です。
ま、いろんなアプローチがあるということで。

そうねー。デトックス効果の高い新月・満月に食べるとよいかもです。
デトックス(この言葉、あんまり好きではない)したいからって
高野豆腐ばっかり食べるなんてナンセンス。

といいつつ、シチューにして食べましたが。
おいしかった♪やーらかくて。
噛める!ってすんばらしい。

| 冬ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.12.12 20:19

DSC_0056.jpg

歯科矯正の日々は続いてます。
とっても不快だった上顎を広げる装置がようやくとれて
「やったー!!よか正月が迎えられるぜい!」
喜びは一瞬で終わりました…。

下の歯の締め付けワイヤーはより太くなり、
上の歯は、隙間を脳天に響く振動とともに削られた後、がっつり装置がつきました。
上下のかみ合わせをそろえるために、歯間ゴムなるものを、
20時間以上、装着せねばならず…。

寝込みました。
痛くて。

りんご、無理無理ー、噛めんがな。
玄米、無理無理ー、噛めんがな。
しいたけ、無理無理ー、噛めんがな。
食後30分はじんじんと痛みます。
むきゅううううう。

日薬で少しずつ楽になってはきてるのですが…。

というわけで
豆腐のふわとろバーグを作るのであった。
やわらか~い♪
木綿豆腐を水切りせずに作るというのがふわとろにするポイントでしょう。
つなぎは片栗粉とはとむぎ粉。

あ、ちなみに添えたルッコラはがんばって食べましたが、
途中でギブアップ★

| 冬ごはん | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2009.12.09 21:28

DSC_0047_20091209181814.jpg


クリスマスも直前!
おうちでぜひ手作りデコレーションケーキを作ってもらいたいなあ、と思いまして
スイーツ講座を開催することにしました~♪

もちろん卵、乳製品は不使用です。
ふわふわでしっとりしたスポンジを焼く方法、
ナッペしやすい豆腐クリームの作り方、
デコレーションのポイントなど
お伝えすること満載です。
お店で買うようなケーキを自分で作りましょー!!

もう一品は、簡単マクロビスコーンを作ります。
混ぜ方、生地の扱い方のコツを知っていると、
さっくりと焼き上げることができますよ。
あっという間にできるのも魅力のスコーンです。

12月21日(月) 11時から14時 4名まで
 ショコラ生地のデコレーションケーキ
 スコーン
 玄米おにぎり&京都「柳桜園茶舗」のかりがねほうじ茶付

かりがねほうじ茶は市販のものとは香りも味もちょっと違いますのでお楽しみに♪

材料の準備上、2名以上のご参加があれば開催したいと思います。

*自宅での料理教室ですので、女性限定にさせていただいております。
*お子様連れのご参加も、デモ形式ではないため安全面を考慮し御遠慮いただいてます。
なにとぞ、ご理解、ご了承くださいませ。

料金 3500円

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

takitaki38アットマークyahoo.co.jp
アットマークを@に変換してくださいね♪

なお、2日以内に返信がない場合は、メールの不具合が生じている可能性もありますので
コメント欄にお名前、ご用件、メールアドレスや電話、FAX番号などの連絡先をご記入ください。
折り返しご連絡いたします。
コメント欄は私の承認後に公開となりますので、他の方に個人情報を知られる心配は
ございません。

*キャンセル料について
振替以外のキャンセルにつきましては
3日前は50%、2日前からは100%、料金を頂戴しレシピを郵送させていただきます。
材料など一人で準備いたしますので、ご理解いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

お気軽におたずねくださいませ~♪

| 食べごと教室 | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2009.12.08 23:40

DSC_0015_20091208230505.jpg

パンも焼いてます♪
オーソドックスなこれぞ!あんぱん。
小豆も自分で炊きましたのよ、ほっほっほ。
おばちゃん、豆好きだもんでよ。

パン教室の師範上級も折り返し地点にきました。
万能自家製天然酵母。
自分でオリジナルの酵母を最終的におこしてパンを焼くのですが
お師匠さまが
「そろそろみなさん、自分の酵母の準備をはじめていると思いますが…。」
たぶん、居合わせた全員で
「まだだけど言わんどこ♪」というベクトルで結束を固めたことことがわかりました。

初級・中級の教室には講師クラスの方たちがいっぱいいる中、
ほとんど初心者(自己流でパンを焼く程度)の私。
最初はほんとについていけなくて、自宅で説明を復習して練習して、
とずいぶんパンを焼いたなあ。

上級になってからは、少人数の班になって、お師匠さまのパン工房で講座を受けてます。
パン修行は続く☆

| パン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.07 20:58

DSC_0013_20091207200810.jpg

タカコ先生のべジなおせち講座に行ってきました。
おせちを作るのは大好きなので毎年作るのですが、
歳を越すころにはへっとへっとに疲れはて新年を迎える、というパターン。

上手に手を抜く、けれど手を抜いたとはわからない、という
すんばらしい技をたくさん教えてもらいました。
さすがタカコ先生。

おせちメニュはこちら~♪

くるみとドライ納豆のごまめ
洋風ドライフルーツのなます
梅ごほうの昆布巻き
丹波の黒豆
かぼちゃの伊達巻
漬けものの押し寿司
テンペローフ
黒豆と柿のパンナコッタ
三河みりんの御屠蘇

何つくろっかなー♪
保存のきくものはそろそろ買い始めるとよいですよ。例えば百合根とか。
徐々に徐々にひたひたと価格は上がり、
クリスマスを過ぎると一気に跳ね上がるのですわ。
くわばらくわばら。

| 教室 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2009.12.07 11:23

DSC_0042_20091206233214.jpg

今月の食べごと教室では黒豆を使ってフムスを作ります。
五行で、冬は腎臓と膀胱に対応する季節。
豆は腎臓のお助け食材であることは有名な話ですよね。

大豆よりも脂肪分が少なくて、アントシアニンを豊富に含む黒豆。
その効能を最大限にいかす扱い方や、
お正月にも応用できるふっくらとやわらかく、
シワの寄らない豆の煮方のコツなどもお伝えします。

クリスマスを意識して洋風にもりつけましたが、
中近東チックな器にばふっと盛って、
中央をくぼませてオリーブ油をたらり、のほうがおいしそうに見える気がするなあ。
フムスの器ももすこし小さいほうが全体のバランスがよかったと思うし。

いいや、大盤振る舞いで♪
パクパク食べて、あっという間になくなったしね。


★★★

12月の食べごと教室のご案内はこちらです。
ご予約お待ちしています♪

| 冬ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.04 22:55

DSC_0032_20091204220039.jpg

金曜日だけOPENされる焼き菓子屋「DAME NATURE」さん。
薬院のマンションの隠れ家チックな一室で
女性2人のユニットさんが実に楽しげにお菓子を焼いておられまする。

変な表現ですが、新鮮な焼き菓子、です。
菜食になってから生クリームが「食べられない、くさくて。油っぽくて。」の私が、
ここの生クリームは身体がオッケーといいます。
米粉ロールにほどよいキャラメルクリーム。
胡桃まんじゅう(新作だそうです)はクッキー生地に柚子風味の白餡入り。
もちろん白餡も手作りです。
そ、そ、そそられまんがな~。

フランスで修業をしたパティシエ、東京の有名店の福岡支店、
おいしいといわれているお店は福岡に数あれど、
利益計算はばっちりされているわけで、焼き菓子は日持ちするぶん、
バターの酸化などおかまいなしに期限いっぱいお店にならぶ。
本当の意味で客の健康まで考えていたら、商売は成り立たないでしょう。

DAME NATUREのお菓子は思うに商売っ気ゼロです。
小麦・卵・乳製品アレルギーの娘が食べられるお菓子もある。
マクロビオティック対応のお菓子も用意されています。
甘いものが苦手な人にはパリパリとよばれる塩味のお菓子もあるのです。

大事にしたいお店♪

あ、ちなみにお店に行く前にはHPか電話で確認をしたほうがよいでしょう。
イベントの出店準備などで工房で販売されていないこともありますよん。←2回ほど振られた私


| おでかけ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.12.04 21:46

DSC_0019_20091204120329.jpg

九州遠征中の平田シェフの講座をえっちらおっちらおっかけて
12月1日には赤い櫨の庵さんへ
12月3日にはマクロビダイニング「宙」さんの主催でアミカスへ行ってまいりました。

写真はありませーん。
2回ともカメラを忘れたから。
んんん?どちらの講座でもカメラを忘れた?平田シェフの講座なのに???
その事実が微妙にひっかかっていましたが、アミカスの講座中に謎がとけました。
忘れるべくして忘れたようです、私。
おかげで無意識に理解していたことが言語化してはっきりと自覚できました。

料理の過程をカメラで残す方、多いですよね。
「あ、惜しい。」と思う。
シェフの料理がおいしくて、しかも美しい理由は、
もちろんレシピの完成度の高さによるもの、
プロならではのコツが随所にちりばめられているところ、
でもそれだけではないのだな、ということに気がつきました。
料理過程はもちろん気になります。残した写真は自宅で再現する時の道しるべにもなりましょう。
だけど、ふっと料理から引いたところに違う視点があり、
おそらく見えないけれど料理の味や美しさを左右する絶対的なものがそこにあることを
瞬間的に理解しました。

ううーん、食べごと教室でうまく伝えられるといいなあ。
それでなくても毎回、時間オーバーでいっぱいいっぱいになってるし。

私の教室は完全なマクロビオティックではありません。
火や水や塩、音や香り、見えない鍋の中の変化、
野菜の形の意味やそこからわかるよりおいしく感じるための調理法、
作り手の気がどれほどできあがりに反映するか、
などちっとばかしサイキックで胡散臭い話もすると思います。
冷えると思って食べれば身体は冷えるという脳みその罠。
身体と脳みそはつながっているようで実は個別で働いていて、
どちらがヘッドになるかでがらりと体調が変わる不思議。

などですかの。

いずれにしろ来年は動きますよ~。
どうやらずっと静かに予感めいて待っていた人がようやく登場してくれたようなので♪

| 教室 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.12.01 22:20

DSC_0013_20091201210930.jpg

中身は沼田塾の沼田みよりさんプロデュースの「塩壷」です。
包みの美しいたたずまい。
以前、同じく沼田塾さんのイベントでいただいた安藤明子さんの「サロン」も
とても丁寧に気持ちをこめて包んでくださったっけ。
それから包むという行為の意味を深く考えるようになりました。

おそらく紙というのは、思っている以上に、
触れた人、そばにいる人の気をすっと吸収するのではなかろうか。
よい気も悪い気も。
障子が家人の邪気を吸収して家の中を平和にしてくれる、それをなんとなく感じていたから、
ある一定の期間で昔の人はきちんと張り替えていたのではないかいな、
などと考えるわけです。

先日のパン教室にお越しくださった方がおみやげに♪と
あの!あの!ほいあん堂さんのお菓子(いまや注文しても数ヶ月待ちの状態)
を持ってきてくださいました。
そのお菓子の包みから、作り手のたまおきさんがどれほど
「わが子のように慈しんでお菓子を作っているか。届いた人に喜んでもらえるように祈っているか」
が伝わってきました。
お菓子を食べたときのほっこり感はお菓子の味だけではにゃーい!のである。

というわけで、焼き上がったシュトーレンも丁寧に包んでお持ち帰りいただきました。
まだ開けて食べてはいけませぬぞ。
2~3日ねかせておくんなましね~♪


★★★

12月の食べごと教室のご案内はこちらです。
ご予約お待ちしています♪

| つぶやく | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2009.12.01 20:36

DSC_0001_20091130231011.jpg

フレンチな大福の写真です。
滅多にお目にかかれない貴重な一枚。

結婚記念日にレストランMORIでランチをいただきました。
特別な時に行く特別なお店です。
写真は、アレルギーわんさかの娘のためにシェフが作ってくださった
「坊ちゃんかぼちゃの大福風」
3色の美しいソースの色は単独の野菜のそれではなく、
複数の野菜を組み合わせ…
うんちくはよいですね。

娘が満面の笑みをうかべて、口をソースで汚しながらもくもくと食べていた、
と言えばそのおいしさが伝わるでしょうか。

私のランチは事前予約のベジタリアン仕様です。
衝撃の2100円ランチの全貌はこれだー!
ひーふーみー。

続きを読む

| 外のごはん | コメント(5) | トラックバック(0) | |