--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.08.30 23:18

DSC_0184_20100830170446.jpg

海ぶどう。
より正確に言えば「海マスカット」ではないかと思うのですが、
そうすると、正確に趣旨が伝わらない!という妙なジレンマが…。

がががっとかきこみ、プチプチを楽しむ。
プチプチ、プチプチ♪
ほどよい塩加減で、ほんにおいしいです。

さて、ただいま、空は大荒れ模様でしてね、
ドガンゴゴザー、ドッガーンゴゴーザザザー。
今年は、しばらく夏優勢の秋、となりそうです。
でも、ゆきあいの空。
夏の入道雲と秋のいわし雲が一緒に存在するゆきあいの空で
季節が確実に移り変わっていることを知る。

沖縄の出来事を思い出していたら、
芋づる的に旦那はんと行ったシチリア旅行のことを思い出しました。
パレルモからちーっとばかし離れたサンタフラビアという港町。
バスに乗って目指すはとあるレストランです。
食べる目的のためだけの旅。

タクシーにのるようなきっぷのよい度胸はなく、
言葉もろくにわからないのに、
異国の観光客なんぞひとりも乗っていない超ローカルバスに乗り込み、
向かうはとあるレストラン。
バスを降りてからも迷いに迷い、
ようやく店の看板を発見した時にゃ、うれしさのあまり、
店の主人に抱きつくのもおわかりいただけよう、というもの。

それなのに、実は何を食べたのかおぼえていない…。
出されたものはどれもすごーくおいしかった記憶はある。
はるか遠くからきた子供のような日本人に、
あの男前の老店主は「爆発サービス」をしてくれたのだと思います。
これでもかの品数が出てきたこともうっすらとおぼえてる…。

肝心の食の記憶はすっぽりと抜け落ち、どういうわけか鮮明に思い出すのは、
最初のハグと帰り際に店主家族が総出で見送ってくれたこと。
どこに帰りのバス停があるのかわからず、これまたうろうろとさまよっていたら、
ちょうど、バスが通りかかって
明らかにバス停ではない場所で乗せてもらったことだったりするのです。

沖縄とサンタフラビアのあの店はどこか似ている。
そう思う。
スポンサーサイト

| 沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.28 21:55

DSC_0187_20100828211349.jpg

閑話休題。

8月の食べごと教室は「島ごはんの会」でした~♪
現地調達の野菜たち、むふふ。
観光客相手でない産直の市場はピカピカの野菜であふれとりました。

メニュは
・宮古島産黒小豆のごはん
・うりずん豆の天ぷら
・塩もずくと新生姜の天ぷら
・沖縄風ヤムウンセン
・ハンダマの辛子酢味噌和え

おみやげごはんで
・海ぶどうとシークァーサー
・ジーマーミー豆腐

デザートは
島豆腐と島バナナのチョコレートケーキ

本当はゆし豆腐も食べて欲しかったし、
島豆腐も食べて欲しかったのれす…。

「24日の火曜日まで?だいじょぶさー。」とお店の人は言ったけんど、
言ったけんど、
大丈夫と思えないでっす!←23日月曜日のこと
で、急遽、島豆腐でケーキを作りました。(写真なし)

島野菜は共通の特徴を持つのだなあ、と野菜にふれながら思う。
扱いなれない野菜はなんだかとっても新鮮で、
かいだりかじったり、じっと舌で感じる味覚を追ったり、
試作時間は短かったのですが、とても楽しい濃密な時間でありやした。

お伝えしたいことがいっぱーいあり(過ぎ)まして、大幅に時間オーバー…。
おしゃべりも楽しすぎて…むにゃむにゃ。
ごめんなちゃい、精進します。

「島ごはんの会」、次回の開催は来年(あると思います!!)。

| 食べごと教室 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.27 21:26

DSC_0186_20100827162953.jpg

宗像堂のパンたち。
「本日、一番最初のお客さまです!」とあたたかく迎えられまして、
わんさか買うて帰りました。

ここのパンは「力仕事をするいけてるおっさんの味」でっす♪←意味不明っすか?
強い信念がある、でも寛大。
パンからシンプルに伝わってくるメッセージです。
あまりにも好きなパンの味で、ぐっときてしまった…。

あわせた器は「陶房土火人」の山田義力さんのものです。
rocq:69 a côtéさんで山田さんの別の器にひとめぼれして
店主さんに陶房の場所を教えてもらいましてね、
「おしかけました」の、ほほほ。
こちらでも、いきなりの訪問者をあたたかく迎えてくださいました。
ドラゴンフルーツ、ごっつぁんですっ。

パンと器。
どことなく似ている。
ざっくりとおおらかで力強いところが。
作り手さんの素朴であたたかい人柄がにじみ出てしまっているところが。

| 沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.26 17:15

DSC_0162_20100825172502.jpg

パッションフルーツ&マンゴ&パイナップル&ドラゴンフルーツ(赤)!!
おんなの駅にある「琉冰」のかき氷です。
「いちご!いちご(=ドラゴンフルーツのこと)頂戴♪」byおちび
まあ、多少の勘違いは横においておくとして…。

店員さんがどっさりと氷の上に乗せてくれるのです、氷蜜たる南国フルーツを。
「ええ!こんなにいいとですかっ!」
声にならない喜びのつっこみ。

家族3人で一個のかき氷をさりさりといただきました。
(やや奪い合いつつ)
こんな一見く~だらないちっちゃな思い出が
いつか娘をあたためてくれることを祈る。
冷たいデラックスかき氷のあったかい記憶。

| 沖縄 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.25 12:34

DSC_0172_20100825115454.jpg

沖縄へ行ってきました。
「ただいま~」←改めて言葉にするとまっことええ言葉…
さあ、この夏どこにも行ってない方もご唱和ください。
「ただいま~。」
伝わりましたか?まっことわかりにくいですが伝わりましたか?

ただ、今。

沖縄は、晴れかと思ったらみるみる曇り
ざーっとスコールのように雨が降ったらまた晴れる。
この目まぐるしく動く天気が非常に好きなのです。

たとえ曇っても雨でも、そこは沖縄。
景色すべての色のトーンが上でした。
空気の粒で洗われてるよな感覚に何度もおちいりまして、
ま、使い古した表現ですが、つまるところ「リフレッシュ」してきました。

海にもプールにも諸事情で入れず、ほんではいったい何しにいったの?
というご質問にはこう答える。
「空気浴」
(注1)旦那はんと娘は水を満喫

器もいっぱい買ってもうた…。
沖縄旅行記、ぼちぼち更新しますのでお楽しみに~♪

| 沖縄 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2010.08.18 07:30

DSC_0131.jpg

「ねえ、ねえ、人生で一番輝いていた時っていつうう?」←ものすごく気軽
朝刊の広告記事に触発されて旦那はんに尋ねる。
「う~ん、いつかなあ…。(しばらく間)…今かも。」
その答えにちょっとじんとしました。
ほんとそうだな、と思ったもんで。

反抗期、ちゅうてもかわいいもので
「おとうさん、おかあさん、すきすきだいすき。」
と素直に全身でぶつかってきてくれてる
「今」。

平和が凝縮していると思うよな一枚です。
命は躍動している。

戦争はしない。
ぜったいにしない。

おぞましい戦争体験を自分の意志とは全く無関係に強いられた
過去の真実を知れば知るほど強く思う終戦記念日。

| つぶやく | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.11 20:30

DSC_0090.jpg

しりしり器。
沖縄と言えば!「しりしり」ですよね。
あちこちのお店で、きゅうりも「しりしり」されてたな…。

今月の食べごと教室は「島ごはんの会」にしまっす。
なんとすれば、沖縄に行くから~♪
現地で魅惑的な食材を調達できるこの機会をのがすまじ!
というわけで1回のみの開催です。

11時~14時まで★  夏休みバージョンで開始時間が変更になっています。ご注意ください。
教室中のご質問にはできるだけ丁寧にお答えするようにしていますので、
時間オーバーになることが多くご迷惑をおかけしています。
お時間に余裕のない方は、善処いたしますので、お申込み時におっしゃってくださいね。


8月24日(火) 4名まで
沖縄のおやつ土産つき

*自宅での料理教室ですので、女性限定にさせていただいております。
*お子様連れのご参加も、デモ形式ではないため安全面を考慮し御遠慮いただいてます。
なにとぞ、ご理解、ご了承くださいませ。

料金 3500円(材料費込 沖縄のおやつ土産付)

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

takitaki38アットマークyahoo.co.jp
アットマークを@に変換してくださいね♪

なお、2日以内に返信がない場合は、メールの不具合が生じている可能性もありますので
コメント欄にお名前、ご用件、メールアドレスや電話、FAX番号などの連絡先をご記入ください。
折り返しご連絡いたします。
コメント欄は私の承認後に公開となりますので、他の方に個人情報を知られる心配は
ございません。

*キャンセル料について
振替以外のキャンセルにつきましては
3日前は50%、2日前からは100%、料金を頂戴しレシピを郵送させていただきます。
材料など一人で準備いたしますので、ご理解いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

お気軽におたずねくださいませ~♪

| 食べごと教室 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2010.08.07 20:20

DSC_0084_20100807183346.jpg

かき揚げる。
とうもろこしと枝豆。夏のかき揚げさん。

実は枝豆のゆがきかた、かなりうるさいのです。
義理の母が教えてくれまひた。
こうすると「おいしい」のよ。
ほんとに「おいしい」の。

つまるところ料理は手間です、手間。
食材はいつも手と手の間にあるのですからして。
丹田のすぐそばで命にふれる日々よ。

今日は立秋。
夏と秋が交差する日です。
秋の気配はまだ感じられないけれど…。

| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.06 16:02

DSC_0089_20100806144638.jpg

自家製梅干と手前味噌。
今まで手を出さずにきた分野です。

でも、今年は
「やったった…。」
梅の実が梅の木になったまんまが梅干しになる。
そんな梅干しがこの世にあると知る。
日本人なら全員!食べてみたいと思いますがな。

「去年の梅干しはあっという間にぺろり。見本ないねん。」
と言わっしゃる京都のお師匠さまの「梅干しの漬け方」レクチャーも受けず、
結果、当然意味のわからんウニウニのレジメ片手に
途中で愛の助っ人も登場してくれたおかげで(FAXありがたく…涙)
なんとか、漬けたった…。←写真の梅干し

感想:普通の梅干しと違う…。うふ、おいしい…♪←自画自賛

そして、先日、おっしょさんの今年の梅干しをいただきました。
口に入れた瞬間に細胞がものすごーく細かく振動。
擬音にするとザワザワとかブブブブってな感じでしょうか。
あまりに複雑な味で、どこをどこを追う、どこを、と右往左往している間に
通りすぎていきまして、つかめない。
最後に残った余韻が「これは果物です。」と告げておりました。
驚くほど長く残る梅の味よ。
梅の木の梅干し。

私の梅干しは、単調で鋭角です。
奥のほうにちらりと果物の名残が見え隠れするものの「足りん」。
何が足りなかったかは来年の課題となりまする。
さらば!自画自賛。

「おいしいよ。食べたこともない梅干しをこんなんかな、あんなんかな、
と不安に思いながら仕事したのが素直に出てるのはいいこと。」とおっしょさん。

梅を漬けるとき、干すときに、同時進行であちこちに意識を乗せる。
時間軸の流れに逆らわず、さらさらと4拍子ちょいずれのリズムを刻みながら。

お師匠さまの梅干し、ありゃ「光の結晶」ですね、ハイ。
意識というのはこのような結果をもたらすのか、と感動してしまったっす。
「梅はまだ動いてるねん。もっとおいしくなるで~。」

ちなみに私の梅干しへの具体的なアドバイスは
1)3ヶ月以上、このままおいときや
2)来年、もっかい干してもええかもな

ヒント、がっつりいただきました!!

| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.08.02 15:28

DSC_0076_20100802145659.jpg

暑い、暑い、暑いがあああああ!!なんて言っちゃだめ。
いっそう暑くなっちゃうから♪

なんつー心の余裕は今、居間にいる私にはないっす!
高らかに叫ぼう。
「暑いったら暑いいいいい!!」
しかも体温高しのおちびさんがべとっとくっついてくるのです。
なんというか、甘酢っぱ臭くて「まあ、かいでもいいかな。」と思える
体臭を放ちながら…。

冷房は入れない。(ケチでなくエコ)
昨晩、ほとんど無意識でスイッチを入れ、
朝までサアサアという機械音とともにフル回転していた冷房よ。
旦那はん曰く「雨が降ってるのかと思ったよ♪」←のんきでいいね、君は(いつも)。
おかげで足がすっかりだるくなりました。

食欲がないので、ちょっと趣向を変えた夕食を。
チャナベッサン(ひよこ豆の粉)で焼いたクレープ。
ババガヌシュ、プチトマトのセミドライ、キノコのニンニクオイルマリネ、
&ルッコラ山盛り。
巻いて食う、巻いて食う。終了~、カンカンカン。
すまん、旦那よ。粉不足でひとりあたり2枚しか焼けなかったぜよ。

奥にあるのはきゅうりのぬか漬けです。
旦那はんが育てているぬか床さん。
おちびの嫁入り道具にするのでよろしく頼みますよ!←私的業務連絡

では、みなさま。
8月(夏本番)もがんばっていきまっしょい!!

今月の食べごと教室は、「めんそーれ♪沖縄~島ごはんの会~」の予定です。
沖縄へ家族旅行しますけん、食材を現地で調達してきます。
おそらく1回だけの開催となるでしょう。日時は後日~♪♪♪


| 夏ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。