--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.01.31 12:46

DSC_0037_20110213182436.jpg

デジカメ不調です。
いえね、今までもちこちこと不調なことはあったのですが、
「お助け旦那マン」がなんとかしてくれとりまして…。

「だめだ…。」←旦那マン
というわけでだめだそうです♪

ほかほかほかほか~のベジ包子をUPする予定でしたのでお好きにご想像ください。
何個でもオッケーです、文句は言いません。
寒いですけんね、湯気たくさんのあったか~い献立を予定しています。

2月13日、旦那はんがパソコンを見事復活させてくれました!!
ぱちぱち。
試作を重ねまして写真からもすこし進化していますのでこうご期待!


・天然酵母のベジ包子
・ココナッツミルクの花巻
他、上記メインにあうおかず数品

10時~14時まで★ 
発酵時間も考慮し終了時間、若干変更しております。
教室中のご質問にはできるだけ丁寧にお答えするようにしていますので、
時間オーバーになることが多くご迷惑をおかけしています。
お時間に余裕のない方は、善処いたしますので、お申込み時におっしゃってくださいね。

2月27日(日) 4名まで
準備の都合上、2名様以上のご参加で開催いたします。

*自宅での料理教室ですので、女性限定にさせていただいております。
*お子様連れのご参加も、デモ形式ではないため安全面を考慮し御遠慮いただいてます。
なにとぞ、ご理解、ご了承くださいませ。

料金 3500円
  
詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

takitaki38アットマークyahoo.co.jp
アットマークを@に変換してくださいね♪

なお、2日以内に返信がない場合は、メールの不具合が生じている可能性もありますので
コメント欄にお名前、ご用件、メールアドレスや電話、FAX番号などの連絡先をご記入ください。
折り返しご連絡いたします。
コメント欄は私の承認後に公開となりますので、他の方に個人情報を知られる心配は
ございません。

*キャンセル料について
振替以外のキャンセルにつきましては
3日前は50%、2日前からは100%、料金を頂戴しレシピを郵送させていただきます。
材料など一人で準備いたしますので、ご理解いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

お気軽におたずねくださいませ~♪
スポンサーサイト

| 食べごと教室 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.29 22:09

DSC_0020_20110129202140.jpg

幼稚園のホール舞台上でお昼にお弁当を食べまして。(注1)
「(もぐもぐ、ぶるっ!もぐもぐ)冷て~~~。」←心の声
胃袋がしんしんと冷えました。

(注1)ちびの幼稚園ママサークル「人形劇」公演がまじかにせまり
    練習に励む日々

菜食弁当です。
・長芋の甘辛ソテー
・りんご人参
・スティックセニョール
・プチトマト
・大徳寺納豆に五分搗き玄米

曲げわっぱのおかげで何をいれてもさまになる。
けんど、冬の弁当は食べるとたいそう冷えるのでありました…。

| 冬ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.26 09:54

DSC_0012_20110125172225.jpg

寒い…。
跳ね上がる恐るべき電気代が今年の寒さの厳しさを証明しておるのですが、
どことなく灰色がかった単色世界の庭を眺めるのにも
寒さに縮こまった筋肉の痛みに耐えるのにも
うんざりしてきたっす。

花を買おう♪
それもポップで軽やかな色の花。
黄色やピンクのガーベラ。
朱色のミニバラ。
写真の可憐なブーケは月麦さんのもの。
護国神社の蚤の市で購入しました。
ハーブのいいにおいもします。

12月に入ってから、あまりにも寒くて身体が動かないので、
少しばかし質のよい動物性のゴハンを食べましたら、
調子がぴょんと上がって家事が楽になりました。
1月に入り益々寒さが厳しくなったころ、
沼田みよりんにいただいた五分搗の玄米を食べたら(注1)
「お、お、おいし~♪」
(注1)普段は白米を常食している

きゅーっと寒さで締まりすぎた身体を適度に緩めつつも
緩んだ毛穴から寒さが芯に入りこまないように締める。

食べ物だけでなく、
お花とかヨガとかアプローチはいろいろあるもんで。

今朝は
「ローレン♪ローレン♪ローレン♪(しばらく続く)、ローハイドッッ!!!」
と絶叫して歌ったら心の底からおかしくなってげらげら笑い
非常に楽しい気持ちになりました。
共有すべく旦那はんもお誘いしてみたのですが、
「私はいいです…。」と丁重に断られましたので、どなたかぜひご一緒に。
まあ、言わずもがなですが
「ローハイドッ!」のところでMax盛り上がります。
大きな声で歌うというのはいいもんです。

| つぶやく | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.24 09:30

DSC_0001_20110123181502.jpg

インフルエンザで学級閉鎖中のおちびさん♪
元気です。
すこぶる元気です。
ありあまるほど元気です!!

そんな元気はつらっつな彼女が幼稚園に行けず、家にこもること一週間。
一緒に「千と千尋の神隠し」を見ておりました時のこと。
龍になったハクが、千尋に呼ばれて女中部屋に逃げ込むシーンがありますね。

おちび 「かっか!龍の神様だ!」
私   「そうだねえ、神様だねえ。」
~ハク龍、部屋に逃げ込んでアップになる場面~
おちび 「まちがえた、狼だった…。」

ぶはっ。
まーそーねー、ぽりぽり。
確か、ハク龍の顔は「犬」がモデルになっていたはずです。
まっさらな感性で受けとめたのだね、おちびよ。

「手を使え、手を。」
薬湯の札をもらいに行った時、番台に千尋が言われた言葉。
妙に心に残りました。

お休み中にせっせと手ぬぐいエプロンを縫ってあげましたら
そらもう大喜び。
うさぎの柄でなかなかよいです、むっふっふ。

舞茸をさく小さな手。
娘にエプロンを縫う私の手。

「手を使え、手を。」

| つぶやく | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.21 21:58

DSC_0124_20110121190025.jpg

揚げ物専用の鉄鍋、欲ちい…、と長年、思い続けておりました。
中華鍋で揚げると微妙にうまく揚がらん。
当然の結果で劇的においしい揚げ物にはならんのよ、とほ。
(その理由は、料理教室森田で後に知ることになるのですが)

南部鉄鍋とか、いろいろネット検索し、
うにゃうにゃと探し続けるものの決定打に欠ける…。
雑誌でみかけた韓国製の口の細いたわんだ鉄鍋、
これいいかも♪と思ったもののどこにもない。
(合羽橋で探してもみた)

それから数ヶ月…。

昨年、真夏に「森田」で揚げ物を教わりました。
コロッケ、うまっ!もんのすごくうまいけんど
な、な、鍋は!
!!!!!
目からうろこでした。

その鍋をせっせと育てた後、揚げる。
油のお世話もする。
大豆ボールのまわりにきらきらと玉のような泡がでます。
まんまるです。

ちなみにこの大豆ボール、つなぎは蓮根♪
甘さがしつこくなるので玉ねぎは入れましぇん。

| 冬ごはん | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.01.19 16:23

DSC_0119_20110119183826.jpg

拙宅にて、色彩心理セラピスト・沼田みよりさんによる
「色と心のお話会」を開催させていただきました。

ご自身の経験や現在進行形の出来事など、ゆっくりと
言葉を選んで話してくださっている様子に内容の深さが感じとれる。
参加してくださった方がおひとり、涙をぽろぽろこぼされました。
うつむいた鼻先からぽたり。
このさらさらの涙はたぶんちょっと熱いのだと思う。
深いところがふるえて出る涙。
嬉しいとか悲しい、という感情はそこにない。

皆様の塗り絵を見ながら、
私というフィルターを通して見えるものがあったのですが、
今回のワークに関しては「伝えあう」というよりむしろ
「あえて言葉にせず個々が感じるままに」という雰囲気だったように思います。
梅雨のワーク、真夏のワーク、秋のワーク。
開催する季節によって、開放的であったり、
ひそやかに閉じてあたためるよなワークであったり、
と変化するさまを体感できるのは主催者特典ですな。

環境が心を動かす。

さて、午後からは私めの個人セッションだったのですが、
せっかちな私が個人的理由で時間に追われ
せかせかと深く考えず色を塗ったのがよかったようで…。
怪我の功名でした。

いつも言葉ありき、
頭で考えてばかりいる割にちっとも頭でわかっていないので、
身体が反応し教えてくれることがありまする。
胃腸にダメージ、とか、口が開かなくなる、とか。

今回は、ひたすら塗り絵をし続けるというセッションだったのですが、
途中から、高熱が出ている時のような頭痛を伴う熱感と
ぎゅううと掴まれているよな腹痛。
身体が一生懸命、教えてくれているのに、
ごめんよおう、何なのかがわからない。
わかった、わかったから、そこに何かあるということだけはわかったから、
というセッションでした。

色とりどりのままごとごはん。
おちびさんが私に作ってくれました。
色はいつもそばにあるんだな、と思いながら
「ありがとさ~ん、いただきます。」と言って食べる(真似)。

| 食べごと教室 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.06 22:19

DSC_0106_20110106214438.jpg

昨年購入した赤木明登さんの重箱です。
ときめきときめきめきめき♪
整然と詰めるという作業はなかなか脳みそをつかってよいです。
配色を考え、形を見て、味が混ざらないように工夫して…、
いざ詰めん!!

今年は適度に力を抜いておせちを作りました。
かずのこも紅白かまぼこも入るのでマクロビでもベジでもないですけん。
といって無神経に動物性が入るわけでもないのです。
それにしても我ながら黒豆、上手じゃのう~♪
ぴかぴかで食べるとなめらかで。
おおいに盛り上がって紫花豆も煮ましたが、これも上手~♪
自画自賛。
あまりにもおいしかったので、お隣さんへ瓶詰しておすそわけしました。

おなますは森田センセのレシピです。
本を片手に、教室で教わったやり方をレシピにあてはめて作りました。
おいし…。目が覚めるほどおいし~の。うほ。

食べ物をちょこちょことつまみ、
おいしいお酒を飲み、
つまみ飲み、つまみ飲み、の3日間。
極楽じゃ~、と最初は思っていましたが、
餓鬼道だよな、この生活は。

本当の極楽は、
きっと肉体をこれでもかと使って働き、
ぼろ雑巾のようにくたくたになって風呂にはいり、
さっぱりしたところで
豪華とは言えないいつものごはんを食べて、
あったかい布団で眠ること

お正月は本をたくさん読みました。
これは私的極楽。
読むの、すごく早いんです。
年末に「旅」という雑誌を買い込んでいましたので
モロッコやらベルリンやら伊勢神宮に行った気持ちになったりして過ごす。
世界は広く私は小さい。
私は大きく世界を包む。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| マクロビおせち | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.01.06 18:45

DSC_0096_20110106110641.jpg

あけましておめでとうございます。

元旦に住吉神社さんへ初詣。
午前中は時々晴れていましたが、午後からは土砂降りでした。
お参りには順番(作法というのか?)があるのですが、みんな知らないのかな?
吉兆を2つほど授けていただきましてただひたすらに頭を垂れる。
海の神さまなんだなあ、と思う不思議な現象つき。
いつもいつも御心のままに働けますよう。

教室をはじめて1年たちました。
濃いつながりだけど、
縛られることはなく自由気ままな縁を結べる場。
この小さい手からこぼれることのない量をいつも意識しながら
続けています。

若かりし頃、短い期間、入院したことがあります。
当時の職場でアルバイトをしていた浪人生のボンを
弟のようにかわいがっていたのですが、
毎日のようにお見舞いにきてくれて、お茶を飲んだりお菓子を食べたり、
他愛もないおしゃべりをしたり、なんということなく過ごしていたのですが、
もうすぐ退院する私にボンはぽつりと言いました。

「ずっと入院してればいいのに…。」

なんかようわからんけど、
このボンは変わらず同じ場所にいて待つともなく待ってもらえて
いつ来てもいつ帰ってもいい(まあこの場合、面会時間に限られますが)
生活ライン上にはない場所を必要としてんねんな、
と思ったことがあります。
ちとこのケースは特殊かもしれないけんど。

というわけで一番の目標は「いつもここにある教室」。
毎月、きちんと開催しているわけではないので
表現が微妙かもしれませんがに~。
細く長く続けるつもりです。

今年は、京都の森田先生のところに
食べごと教室に最初から来てくださっていた2人が、
9月の出張料理教室が大きなきっかけになって通うことになりました。
感無量…ううう。
広がるというのはこうやって自分の手から離れること。
主宰者にも別の側面からこんなに時間がたってから学びがあるとは…。
さすが「菜食料理教室森田」、普通の教室じゃない…。

この動きを「カタチ」したいなあ、と思っているのです。
ひっそりと熱く♪

苺の手袋をした小さな手が結ぶ。
おぼつかない手つきではありますが一生懸命に。
どうぞ皆様にとって健やかな1年でありますように。

| つぶやく | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.01.03 00:27

DSC_0078.jpg

大晦日は家族みんなで手巻き寿司!
先日のつむぎやさんの巻き巻きごはん会に触発されました。
た、た、楽しかったもんで♪

人参とクミンのキンピラ。
里芋とゆかりのマッシュ。
蓮根バジル。
牛蒡と蒟蒻の炒め物にエリンギのソテー。
大豆たんぱくとキュウリの豆乳マヨネーズ和え。
白菜と柚子の浅漬け。
大根と金丸の煮物。
白菜だの大根だのキュウリだのトマトだの生野菜に梅味噌。
最高においしい!ゴーバルのウインナー。←旦那はん大喜び

小さいおかずをちょこちょこ。
手巻き用に味ちょい濃い目なのでお酒にもあいます。
年越し蕎麦も準備していたのですが、行きつかず満腹に。

紅白を横目でちらちら見ていましたが、おもしろくないな…。
松下奈緒さんの「ありがとう」のピアノソロにあわせて
おちびさんと一緒に最初の数行のみ熱唱。

カウントダウン後、ビールとアボカドオイルのポテチで乾杯。
ビールとじゃがいもって…。
秋からの食生活をしょっぱなに暗示する組み合わせ。

私 「こうやって年とって死んでいくんだねえ…。」
旦那はん「一休さんやろ?」

新年早々、一休さんと同じこと言ってしまうとは!悟ったのか、私。
ほんでは洗い物はまかせて一休みさせてもらいますうう。
おあとがよろしいようで。

| 冬ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。