2011.09.30 00:38

DSC00288.jpg

朝市情報をせっせと調べてやってきました。
毎週土曜日、朝7時から13時までのproducer’s market!!
写真はハーブを売るお店です。

場所:place du Vieux-marche-aux-Poissons
遊覧船の船着場がある広場といえばわかりやすいでしょうか。

他にも街のあちこちで蚤の市が開催されていました。
ふらふらとのぞいてみましたが、購入までは至らず。
オーバルのエレガントなエタン皿にふら~と気持ちが傾きましたが、
(私はこのエタン皿にめっぽう弱いのです)
なんといっても蚤の市に行き当ったのは初めてですので
今回は様子見で。

さて、話を朝市にもどしましょう。
お野菜を売っているお店がいくつかあったのですが、一軒だけ大繁盛!!
行列ができていましたが、新鮮だからなのか、安いからなのか、
その両方なのか、理由はわかりませなんだ。

私たちはこのやさし~いご夫婦からはちみつを購入しました。

続きを読む

| フランス・旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.09.29 15:40

DSC00412.jpg

大聖堂近くにあるサンドイッチ屋さん。
「Douceurs Salees Sucrees」
プレッツェル生地のパンにいろいろな具をサンドした
アルザスならではのサンドイッチが食べられるお店。

行列こそできていませんが、次々にお客さんがやってきて、
慣れた感じでささっと買っていかれてました。
このお店のある通りは
有名どころのパティスリー「Naegel」や
フォアグラ専門店、ワインにチーズ、お肉に惣菜などなど
食材店が集中している魅惑的なところ。
まあ、人の出入りを眺めていると、地元の方が利用しているのは
チーズ屋さんとお肉兼惣菜屋さんあたりかなあ、という印象。
(ちなみに「Naegel」は別格、地元客と観光客が入り乱れて行列絶えず)

続きを読む

| フランス・旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.09.28 22:26

DSC00330.jpg

2日連続で行ってしまったこのパン屋さん。
「Au Pain de mon Grand-pere」

一日目の夕方はほとんどのパンが売り切れてまして、
エクレアを買うてホテルで食べる。(写真なし)
「クリームが!!うまっ!!」
生クリームが混ざらないオーソドックスなカスタードクリームがおいしい。
がわたん(注:久留米弁で外側の意)も日本のそれとは違って
厚めしっかり、ほどよい塩気。
中と外のバランスがいいなあ、おいしいなあ、
でも、ちょっとだけ上の糖衣が甘いんだよなあ。←これは日本でも同じ

パンを食べんと、わからんわからん。
(九州人にはおなじみのいいまわし)

2日目朝…。
次々にお客さんがやってきて行列です。
そら夕方には売切れましょう。

ふむふむ。
ではこれとこれとこれを♪あ、そこのそれも。
(ほんとはあれもそれも食べたいのですが胃袋に限界が…)

続きを読む

| フランス・旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.09.28 01:00

DSC00422.jpg

長年、憧れていたストラスブールへ行ってきました。
TGV(いわゆる新幹線)で約4時間。
世界の車窓から~チックに景色を楽しむことなくほとんど爆睡してましたが…。
(朝4時半起きですけん)

DBのバーンカード50を購入し、半額でチケットを入手しました。
一年間有効のこのカードを使って、
あちこち列車の旅を楽しもうという算段でして。

プティット・フランスにてパチリ。
ふっ、この人はどこにいても変わりませんね…。
コロンバージュとよばれる木骨組みの家が特徴的なかわいらし~街です。
なんというか、長年この地への憧れをあたためすぎたのか、
歳を重ねて好みが変化したのか、思ったよりも感動うすし。
それよりこの歩道の汚さはなんですの?
飼い主のモラルはいずこに??
あんなに欲しかったスフレンハイム焼きもそれほどそそられず。

ひたすら「食」に走った3日間でした。

続きを読む

| フランス・旅 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.23 19:38

DSC00108.jpg

朝の通園風景。
おちびは今、シュタイナー幼稚園に通っています。
朝、7時半に出発し、地下鉄とバスをのりついで。

3日ほど私、旦那はんが1日、一緒についてお部屋で過ごしました。
言葉が通じない。
何を言っているのかわからない。

それでも先生に
人差し指をちょこんとあげ、他の子と同じしぐさで
「私がやりたい。」と主張した姿に、内心ひどく驚きつつ
大丈夫だな、と確信したのは登園初日のこと。

「言葉がわからなくてもドイツ語を話せなくても、じっと他の子を観察し、
身振り手振りで一生懸命に自分の意思を伝えようとする姿に
新しい発見があります。」
先生に今日、言われました。(もちろん旦那はんの通訳れす)

私もたった3日間ですが、
本場のシュタイナー教育にふれることができ、
感じることがそれこそ山のようにありました。
心が震えるほど感動したこと、身振り手振りじゃ伝えられんのが残念。

そんなシュタイナー幼稚園の一日はまたいつかご紹介します。
初日におちびの名前を
「シロケ」と呼ばれてずっこけた話も含めて。

| シュタイナー幼稚園 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2011.09.22 22:04

DSC00104.jpg

市場で「夏の夢」(sommer traum)と題して売られていた
ラズベリー(himbeere)とブラックベリー(Brombeere)です。
ロマンチックなネーミングですねえ。
まあ、ロマンチックからはマッハで遠ざかっているとおぼしき紳士が
販売していましたが…。

大盛り2パック、で7ユーロ。
はてさて高いのか安いのか…。
でも、甘くておいしいのでリピート買いしておやつによく食べていました。

上にかかった豆乳ヨーグルトがまたうまうま♪なのです。
日本には製品化したものはないですよね。見つけた時は驚きました。
ドイツではいろいろな種類のものが販売されています。
特にツボにはまったのはバニラ味♪
カスタードクリームのようでうちのちびが大喜びするデザートです。

ラズベリーはまだありますが、ブラックベリーは完全に市場から姿を消し、
イチジクとブドウが並びはじめました。
秋の訪れです。
(つーか、この寒さ、私には「冬」が来たとしか思えんのですが…)

| ミュンヘン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.21 19:50

DSC00279.jpg

oktoberfestネタ、もうええですか?

とりあえず、ビールの写真をどうぞ。
これ、屋台でのみ販売される500mlグラスのビールです。
テント内で飲むとオール1Lジョッキ。
そんな大量に飲めるか!!

残念ながら、この500ml規格のビールを屋台で販売しているのは
PAULANERのみのようです。
他の有名どころのビール会社はテント内で1リットル飲め!!
ということですな、はっはっは。
はっはっは(怒)
はっははあはあはあ(アドレナリン放出中)。
飲んだろうやないか!うちの旦那はんが!!

さてさて。
毎週火曜日はファミリーデー♪
遊園地の乗り物がほんのちょっぴり安くなります。
一部の屋台の食べ物がほんの少し割り引かれます。

というわけで…。

続きを読む

| ミュンヘン | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2011.09.21 17:33

DSC00196-1.jpg

例年、oktoberfest2日目は街中を
村々で異なる民族衣装を着たパレードがねり歩くそうな。
ドイツ語の公式サイトを眺めながら(読めないもんで)
情報をキャッチするこの執念を見よ!!

私「大雨、ざざ降りだから、中止するっちゃない??」
旦那「大雨でもカッパ着せて外遊びさせる人たちだよ?」

そうでした…。
大雨、まったく意に介さず。
ずぶ濡れになりながら笑顔で行進です。

続きを読む

| ミュンヘン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.19 02:09

DSCN3237.jpg

初日です。
ミュンヘン市長さんの開催宣言「酒が出た(O´zapft is!)」を聞き逃しましたが
大人気の観覧車(日本と違い6周ほど回って総入れ替えというシステム)
に乗り、うほうほとビールを飲んできました。

うわあああああ!!というほど人がいっぱい。
うおおおおおおおおお!!というほど広いです、会場。

民族衣装(超ミニスカートに胸がボ~ンというスタイル、の人もいる…)に
身を包んだ方々を見ているだけで楽しか~。

あまりの人出に有名なビアホールテントに入る勇気は出ませんでしたが
(どこも入口からすごい活気なもんで)
外にある屋台でがぶがぶとビールを飲む外国人と一緒の立ち飲みテーブルで
ちんまりビールを楽しんできました。

食べたものはこちら!

続きを読む

| ミュンヘン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.09.14 04:43

DSC00040.jpg

BIO牛乳(=die Milch)のフローズンヨーグルト。
トッピングはフルーツ、ナッツ、ケーキにクッキー、
数種類のソースから3つ選ぶことができるシステムです。
英国庭園へふらりと散歩に向かう途中で行列発見!
ミュンヘンの人はアイスクリームがお好きなようでアイスのお店はどこも繁盛しています。

「なになに、BIOですとな??」
食べたい、食べよう、食べねば(心の動き3段活用)→迷うことなく行列へ
どえりゃーうまさでした。
濃厚なようでさっぱり♪
こんな説明じゃさっぱりわからんですね。
でも、まあ、このアイスにはチョコソースはあわないと思うよ、
と隣の人をちら見しながら思う、そんな味です。

街を歩けば、六角形のBIOマークがそこここに。
パン屋にカフェに市場のインビスに。
ドイツにBIOブームが到来しているのは間違いないでしょう。

BIOスーパーで、わお~♪と喜んで購入していましたが、
落ち着いて野菜の産地を見ると、オランダ、タヒチ、南アフリカ。
そうか、このブームはフードマイレージ問題を内包するんだわ。

冷たいアイスが胸にしみる。

ちなみにこのお店、店名が「I love leo」
私「なんでleo(=ライオン)なんやろ?」
旦那はん「バイエルンの紋章がライオンだからかなあ??」
へええ、そうなの。

「私は地元を愛してる」

| ミュンヘン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.11 18:01

DSC00053.jpg

THEゴシック様式!の市庁舎です。

ちょうど仕掛け時計(写真中央あたり)のダンスタイムに遭遇。
チャンチャラリー♪チャンチャンチャン♪という
軽快な音楽とともに人形が飛び出してくるのかと
ときめいていましたが出てこずにぐるんぐるん回っている…。

「あの人形たちは網の外にはでてこんのかね?」
「出てこんやろ、鳩よけの網やし。」

チャンチャラリン♪と軽快な音楽はさらに続き、
かこん、と上段馬上の騎士が後ろにのけぞったあと、
下段の市民が喜びの踊りを踊っていました。

はは…力なく笑いつつ帰路につく。
ちなみにおちびさんは時計を見上げてすらいなかった、
という脱力のお話。

| ミュンヘン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.10 03:33

DSC00055.jpg

こんなところに住んでいます。
カンコーンカンコーン、と教会の鐘が聞こえてくる緑多き場所。
わあ、すってきー!!
(見た目はね)
ここは外国、異国の地。
日本人ちゅうのは基本的に無臭を好むのですね。
入居してすぐ
「なんかにおう…(外国の匂いとしか言えない香り)」
わあああああ!!窓を開けろおおおおおお!!
特に私は匂いに敏感でしてね。
切羽つまったどうしようもないときだけ
息をとめて公衆トイレを使う口でして。

でも今、
こうして暮らすうちに少しずつ、私たち家族の匂いになっていってます。
掃除機をかけ、モップをかけ、棚をふき、
お風呂を使ううちに少しずつ。

匂いというのは、馴染む感覚と密接に関係するんですね。
京都「くらしのかたち展」で買い求めたルームスプレー(G線上のアリア)の
浄化力、これほどとは…。
持ってきてよかった、よかったよかったよかったよおう。

おまけのひとことbyうちの旦那はん(専門:建築)。
「空気の通りをまったく考えてない間取りだな。外国によくある。」
君と私ではまったくもって視点がちがうね、はっはっは。

おまけの写真。

続きを読む

| ミュンヘン | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2011.09.09 01:21

DSC00030.jpg

「Tushita Teehaus」
ベジタリアン(正確にはvegan)フードとお茶が楽しめるお店です。
ランチメニューのBasmati Riceとはなんぞや??????
(ちなみにホテルのルームサービスメニューにもあったので興味しんしん)

色とりどりの野菜たち、美しか~♪♪
紫色から時計まわりにビーツ、ブドウと豆乳ヨーグルト、
トマト、豆腐、セロリ、きゅうり、Mangold(とやら)とほうれん草でっす。
(たぶん)
中心がBasmati Rice。

ときめきつつ、ぱくり。
「………。」
微妙でした。
米って野菜なんだねえええ、としみじみできる香り米。
ブドウと豆乳ヨーグルトと米、というのが
いっそう微妙さを際立たせておったと思う。

でも、すこぶる体調がよくなり、清らかな気持ちになりました。

余談ですが、店員さんが「ユマ・サーマン」に似ています。
ヨガをされている気がするなあ。

飲み物メニューに「抹茶オレンジ」があったけど、
注文せずに煎茶をすすって帰りました。

| ミュンヘン・外食 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2011.09.06 01:00

DSC00039.jpg

まったくもって下地がないことに気がつきました、ドイツ語の。
そうか、伊達に中高6年間(+大学2年間)
どっぷり英語を勉強したわけじゃないのね。
そこそこ下地があるので、そこそこ英語は理解できるわけです。話せなくとも。

というわけで必要にせまられ(つまり食べたい)新しく覚えたドイツ語単語。
「pilze」=きのこ

Steinpilze(シュタインピルツ)はイタリアでいうところのポルチーニ茸!
フレッシュポルチーニですってえええ~♪♪♪るるる~ん。

Pfifferlinge(フィファリンゲ)♪
あんず茸。←知らん、けど食べたい。

Viktualienmarkt(街の中心部の市場)で見つけて買いました。
そうそう、それおくれ。(けっこう大量)
あ、そう、それもおくれ。
はい、そんくらいで。(これまた大量)
パセリ?じゃ一緒に。

勘定チーン。
日本円にして約2500円。

きのこに2500円。
き、き、きのこに2500円…。

まあね、シンプルに焼いただけでうまし!!
3日連続で食べてもまだあるきのこの量にちょっと幸せな気持ちになりました。

| ミュンヘン | コメント(8) | トラックバック(0) | |

2011.09.05 04:15

DSC00009.jpg

guten abend!!

無事着きました。
成田を出発して18時間後にミュンヘンのホテルへ………。
3個で総量60kgちょっきしのスーツケースに、
パンパンの手荷物3個でミュンヘンに降り立つ。

機内では、
飯、寝る、映画、寝る、飯、寝る、ずっと寝る、映画、飯←私
飯、トイレ、寝る、元気、飯、映画(英語)、元気、飯、トイレ、トイレ←娘
飯、寝る、寝る、、たまにゲーム、寝る、飯、寝る、ゲーム、飯、寝る←夫
過ごし方も三者三様でして。

ベジタリアン機内食はおいしくなかったれす。
じゃがいもだあ、パクリ!!ぐえ!りんごか…。
まあ、ベジ食は動かずにじっと過ごす機内で食べると身体が楽かもしれません。
旦那はんの肉料理はがっつり系で消化が大変そうでしたし。

さてさて。
ミュンヘンは夏と秋が見事に混じった気候。
基本、長袖で快適に過ごせます。
日差しは強く、空が高い。

空がとんでもなく高いです。
ぶわああああああっと広がっていってしまうなあ…。
ユーラシア大陸にのっかっているのね、今、私(じ~ん)。←感動中

写真はイザール川。
ミュンヘンの街の創建はここに橋がかけられるところからはじまる。

私たち一家のミュンヘン生活もここからはじまります。

| ミュンヘン | コメント(2) | トラックバック(0) | |