--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.11.26 10:13

DSC05550.jpg

おしゃまの通うシュタイナー幼稚園では
日本人とは切っても切れない「米」との関わりを体験する機会があります。
春の田植え(←我が家はミュンヘンにいたので参加してないのですがに~)
秋の稲刈り、そして(クライマックス!)餅つき。
途中の草取りや脱穀など、とっても大変なところは
農家のイッペイさんにおんぶに抱っこで、まさに「おいしいとこだけいただく。」体験です。

おぼつかない手(指か?)で藁を撚り、
あぶなっかしく稲を束ねて結ぶ過程を体験しながら、
この一連の作業を流れるように美しく行うことができるようになるまでの
長い長い集中の時間を思いました。

おととしの藁で束ねられた去年の藁で今年の稲を結ぶ。
その藁は冬の間、秋に収穫された芋を保温し寒さで傷むのを防いでくれる。
細い稲藁一本、捨てることなく使い切り土に還す。
落ち穂を丁寧に拾うイッペイさんの背中は
言葉にせずとも大切なことを、大人にも子供にも伝えていました。

まあ、肝心のお子ちゃまたちは途中から稲刈りなんてうっちゃって、
走りまわる、虫を取る、さらに走りまわる、(いぼる、靴を脱ぐ←うちの子)。
先生の「みんな~、一回は!稲刈ってね~。」という叫びがちょっと笑えたのですが
大人がみんなで協力して働いている姿を子供が遊びながらなんとな~く見ていて
何かを感じている。
この何かは「種」のようなものです。
うひ。

続きを読む

スポンサーサイト

| シュタイナー幼稚園 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2012.11.13 18:27

DSCN2785.jpg

かけっこ自主トレまでしていた親子レクがあいにくの天気で延期。
ちびのありあま~るエネルギーをどうする!というわけで、
「B・B・B・ポッターズ」で開催されていた
こども切り紙ワークショップへ(連れて)行ってきました。
講師は「モーネ工房」主宰の井上由季子さん。
なんと無料!

開催場所が場所だけに、来ている皆様のおされ度100%です。
雑誌から出てきたのけ?というレベルではなかろうか。
いやあ、汗がでますね。いやあ、な汗が。
それ以上に鼻が出てましたが。(風邪の真っ只中で出かけたもんで)

うちの正直おしゃまさん、完全にドン引きです。
椅子に腰かける姿がすでにやる気なし。
私には他のお子ちゃまたちも本気で楽しんでいるようには見えなくて…。

子供は楽しいことには敏感なので、
大人がどんなに取り繕ってもすぐに見抜いてしまいますね。
緊張度が高すぎるんだす。
大人が子供のほうを向いているようで向いていない。

小学生のちいさなお姉ちゃんが作った切り絵は、
どこかで見たよな絵ハガキのように、かわいく収まっていました。
「わあ、素敵~。このまま飾れるよ。」と言われていたけどさあ、
この子が、大人の評価なんてまったく気にせずちょきちょきした切り絵が見たいぜ!!

| おでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2012.11.09 19:12

DSC05667.jpg

風邪は土用あけと同時にほぼ去ったと思われます。
副鼻腔の奥からじゅびっと灰色の鼻水が出た時に。(その爽快感たるや!)
長かった。長かったぜよ。
10月21日の「やばい…。」から11月6日の「チーン。」まで。

今年の秋の土用、体調を崩した人が多かった気がします。
「ブルータス、おまえもか。」ではありませんが(意味ちゃうし…)
夏の間に君も無理したんだねー♪と一方的に仲間意識を感じたりした2週間。
長かった、長かったぜようおうおう。
(ちなみに旦那はんもおしゃまさんもすこぶる元気だった)

私は、この土用の間に個人的に印象的なことが次々と起こりました。
忘れてたと思うくらいぼんやりとしていたことのちょっと先に
小さな石がぽつぽつ置かれたと言うか。
求めたというよりやってきた感、強し!!

そして、ベーコン燻製を作り、紅玉で桃色のジャムを煮て、ドーナツを揚げる。
いつものごはん以外のものを猛烈に作りたくなりました。

総括と決意の秋ですね。
皆様はどんな土用を過ごされましたか?
なにかが向こうからやってきていませんか?

| おやつ | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。