--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.03.26 20:20

DSC06588.jpg

こどもの園 風の森。
清らかで優しい風が吹きぬけるこの場所から子どもたちが巣立ちました。

「子どもに畏敬の念をもつこと。
 子どもに本気で興味をもつこと。
 自分は子どもを守っているのだという感覚をもつこと。

 この三つは、子どもに向き合う大人の魂のなかにある、
 魔法の万能薬です。」

シュタイナーの言葉です。

私は子どもと遊ぶのが本当に苦手でして、
おままごとにつきあうのも、お人形遊びにつきあうのも
「まったくおもろくない…。」と思う人間なので
「かっか♪一緒に遊ぼ~~。」とお誘いをうけると
むにゃむにゃむ~と娘を煙にまいてきました。

でも、遊んでいる娘の姿を観察するのは大好きでして、
お人形遊び中の会話なんて悶絶するほどおかしくて
何度隠れて立ち聞きをしたことか。
ばれるとドアをがちゃんと閉められるわけですが…。

子どもに本気で興味を持つこと。
上手に遊べないけれど、
小さな小さな成長の芽をいちはやく発見したり、
ちょっとした変化の兆しを感じとることは、
私にとっては我が子というより、人間への興味につながっていて、
「もっと~もっと~♪あなたを~もっともっと知りたい~♪」
とどこかで聴いた歌の歌詞のような気持ちがずっと続いています。

風の森はシュタイナー教育を基本にした幼稚園です。
2012年4月に産声をあげました。
先生方は長年、幼児保育に携わってこられた超ベテラン!
園で過ごす子どもたちを見ていると、
シュタイナーが教えてくれたこの魔法の万能薬が使われていることがわかります。
傍らに「恕」と「凛」の文字を置く先生たちから
大人がどう子どもと向き合うべきか、どういう魂の状態でいるべきか、
教えてもらったと思います。
子ども以上に安心していたのはおそらく親(=私)のほうです。

日本ではシュタイナー教育はまだまだ社会に認知されていないし、
歩み始めた場所も試行錯誤の連続のようです。
発祥の地ドイツで行われている教育をそのまま取り入れるだけでは
どこかでその歩みを止めるだろうことは想像に難くない。
文化や宗教、民族性、現状、すべてが違いすぎるから。

日本は日本のシュタイナー教育を発展させていかなくてはなりません。
柔軟に。
愛を持って。

続きを読む

スポンサーサイト

| シュタイナー幼稚園 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.03.20 22:10

DSC06476.jpg

3月11日。
5日ぶりに家に戻るとあっちでもこっちでも花が咲いていた。

東京⇒インフルエンザ・ワン(おしゃま)ツー(旦那はん)
⇒名古屋・岐阜⇒スリー(わったっし☆)⇒北海道へ

庭を愛でる時間の余裕も心の余裕もなかったとはいえ、
突然降ってわいたかのよに咲いた感が否めずしばし呆然とする。

私の母は3月に天国へ旅立ったのだが、
その日の朝、病院から家に戻ると花いっぱいの庭に出迎えられた。
日々、母が丹精込めて育てていたので恩を返したのだろうか。

どうして、花はいきなり咲くのだろう。
いやいや、いきなりは咲いていないはずである。
私が見ていないだけなのである。

でも、こうやって冬の寒さを超えて花は咲く。
いきなり満開になったりする。
色のなかったモノトーンの庭は命の息吹でいっぱいだ。

2年。
悲しかろうがつらかろうが楽しかろうが時は容赦なく過ぎていく。
それはとてもとても冷たくでもものすごく優しいことだと思う。

続きを読む

| つぶやく | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.03.09 07:36

DSC05743.jpg

平田屋さんのの両棒(ぢゃんぼ)餅である。
言わずもがなのおいしさ。
とろとろの中にくしゃっとかぷすっという擬態語で表現できる食感あり(注1)。
なんじゃ、そこ。

続きを読む

| 鹿児島 | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。