--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.07.01 19:27

DSC08024.jpg

神様にお供えする米俵を模しているというお稲荷さん。
弥生時代、いや今の学説では縄文時代から
日本人と米の関係は続いている。歴史に米ありだ。
ちなみにうちのおしゃまさんは麦(=パン)より断然米が好き。

お稲荷さんには俵型の他にも三角形のものや
油揚げが裏返っているバージョンがある。
三角形のものは、神様のお使いであるキツネの耳の形だという
とってつけたよないわれがあるのだが、裏返すってどゆこと?
料理のおっしょさまは「油揚げが裏返ったお稲荷さんは格が上。」
と言って意味深にうふふと微笑んだ。

性格なのか気質なのか知らんが、
私は、割と「問い」を長期間、自分の中に温存しておける。
生活のほとんどの時間、その問いは意識の上層にのぼってくることはないのだが
(=つまりほぼ忘れている)
ある時、ひょいと答えが現れると、脳みその一部が反応して
「それが答えだ!(えんやこら明日へ大爆走)」と歌いだしてくれるのでわかる。
裏返すってどゆこと?なんで格があがんねん。

答えとおぼしきものはまったく関係のないところからやってきた。
オイリュトミーで、ドド、ドレ、ドミ、ドファ…
音と音の間、インターバルの動きを教わっていた時である。
なんじゃそら、と言われてもうまく説明できないので、
じゃあ、書くなよ、とつっこみをいれられても仕方ないのだが書く。
そもそもオイリュトミーって何?
という方は便利な時代の恩恵をたっぷり受けてネットで検索されたし。
インターバルの動きでドド→ドシと7音あがって、
上のドに行く時の動きは「裏返す」というか「ひっくり返す」動きだった。
さらに上へステージが上がる時には裏返す……。

ちゃちゃちゃ♪(←前奏つき)それが答えだ~♪
えんやこら明日へ大爆走~。

マクロビオちっくにも反転がある。
人の身体の中にも。(ネガちぶフィードバックと呼ばれる)
裏返す、ひっくり返す、反転。
表現はどれでもええが、世界の見えない成り立ちを示している匂いが
ぷんぷんしているではないか。

話をお稲荷さんにもどすが、私はものすごくお稲荷さんが好きなのである。
いまだかつて「お稲荷さん、嫌い。」という人に会ったことがないので、
日本人は全員好きなのではなかろうか、と思ってすらいる。

好きなくせに、いや、好きだからこそ稲荷ウンチクを語ってしまうのだが(注1)
スーパーのお稲荷さんは油抜きがいまひとつで、いつもとんでもなく甘いし
お寿司屋さんのそれは、おいしいのだけれど、甘くてたくさん食べられない。
油揚げと米の量のバランスが悪いのは論外として…
ついでにいうと、お稲荷さんには辛子よりわさびだろ、と思っている。

そんな私が運命のお稲荷さんに出会ったのはある暑い夏のこと。
義理の母が作ってくれたものだった(灯台下暗し)。
「飽きずにたくさん食べられる味付けよ。」
His mother said.
その言葉通り、食べきれないほどたくさんのお稲荷さんが皿に乗っていた。
4人、正確には大人3人に子供1人、
(さらに言わせてもらうならば高齢者2人におばさん1人に子供1人)
という構成に対して、どういう比率計算でこの数を算出したのだろう、
という数のお稲荷さんが皿に…。
胃袋をお稲荷さんだけ!でいっぱいにしながら、私は猛烈に感動していた。

理想の稲荷イメージはあるものの、現実のものとして取り出す才能に乏しい私は、
義理の母にレシピを起こしてもらい、そこに何度も微調整をかけ
夢のお稲荷さん(あくまでも私にとって)を完成させた。

よし!今年の運動会はデラックスお稲荷さん弁当だ!!
中の具も凝り凝りに凝ってみよう♪

続きを読む

スポンサーサイト

| 春ごはん | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。