FC2ブログ

2012.11.26 10:13

DSC05550.jpg

おしゃまの通うシュタイナー幼稚園では
日本人とは切っても切れない「米」との関わりを体験する機会があります。
春の田植え(←我が家はミュンヘンにいたので参加してないのですがに~)
秋の稲刈り、そして(クライマックス!)餅つき。
途中の草取りや脱穀など、とっても大変なところは
農家のイッペイさんにおんぶに抱っこで、まさに「おいしいとこだけいただく。」体験です。

おぼつかない手(指か?)で藁を撚り、
あぶなっかしく稲を束ねて結ぶ過程を体験しながら、
この一連の作業を流れるように美しく行うことができるようになるまでの
長い長い集中の時間を思いました。

おととしの藁で束ねられた去年の藁で今年の稲を結ぶ。
その藁は冬の間、秋に収穫された芋を保温し寒さで傷むのを防いでくれる。
細い稲藁一本、捨てることなく使い切り土に還す。
落ち穂を丁寧に拾うイッペイさんの背中は
言葉にせずとも大切なことを、大人にも子供にも伝えていました。

まあ、肝心のお子ちゃまたちは途中から稲刈りなんてうっちゃって、
走りまわる、虫を取る、さらに走りまわる、(いぼる、靴を脱ぐ←うちの子)。
先生の「みんな~、一回は!稲刈ってね~。」という叫びがちょっと笑えたのですが
大人がみんなで協力して働いている姿を子供が遊びながらなんとな~く見ていて
何かを感じている。
この何かは「種」のようなものです。
うひ。


DSC05939.jpg

そして、先日は佐賀の古民家「七年庵」にて(待望の)餅つき!!!
これまた大変な下準備はイッペイさんにおんぶに抱っこなわけですが、
もち米を竃(きゃっほーい♪)で蒸したり、臼をお湯で温めたり、と
大人の動きがなんとなく場を華やかにしているものだから、
子供たち興奮でっす。
走る、登る、叫ぶ。
でも「みんな~、一回は!お父さん、お母さんと一緒にお餅、ついてね~。」
という先生の掛け声に、今回は素直に反応してました。
なんといっても目の前に大好物(になりつつあるもの)がありますから…。
興味しんしんで近づきすぎるので「離れて離れて」と言われるくらい。

形あるもの(もち米)が一度ぐちゃぐちゃに潰されて、また形あるもの(餅)へ。
見栄や傲慢さを力いっぱい突き潰すことはできただろうか。

できたてのお餅のおいしさは…半端なかったです。
ほわほわもちもちでほんのり甘い。
あっちもこっちももりもり食べてあっという間に完食しました。

餅つき、最高です。最高に楽しい、おもしろい!
来年こそは苺を持っていこっと。
おしゃまは卒園しているけど忘れたふりして参加しよっと。

| シュタイナー幼稚園 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2012.11.26 11:14 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2012.11.30 17:09 |

初コメさんへ♪

めんそ~れ、ミセスキャンベル。
大宇宙ネット銀河の僻地にようこそ~。
いや~ん♪ブンサイなんてほめられちゃうと
勢いあまってボンサイをはじめそうです♪

ブンサーイボンサーイバンザーイ。(喜び三唱)

苺大福がものすごく食べたくなって、
えいやー!!え、えいやー!!え、え、えいやー!!と
掛け声10回、自分を鼓舞して天神で買ってきて食べましたわ。
おほほ。
1個273円。
3個で819円。
ドン引き価格です。(でも他のお店にはないので飛ぶように売れていた)


| 朔 | URL | 2012.12.06 16:18 |

鍵米さんへ♪

うふふ、おてまみ届きました。
ありがとーん。

咳の調子はいかがでしょうか?
私も花粉より黄砂に反応するようで、ひどい風邪をひいたかのよな症状がでますよ。
「耳かゆ~い。」と耳かきをしすぎて
耳鼻科の先生から
「鼓膜が見えないほど耳アカが落ちて…。耳かきしすぎ!これじゃあ、耳がかわいそうだ。」
と耳に同情される始末です。

パン屋さん、一緒に行きたいですに~。
武雄に行くなら、ついでに温泉(いや、むしろメインか?)に入りたいですに~。
半身浴40分、したいですに~。
靴下4枚、履きませんか?
冷え取り愛好会、ただいま会員わしひとり。
仲間がほちいです。

| 朔 | URL | 2012.12.06 16:53 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ