FC2ブログ

2017.06.19 17:09

DSC00952.jpg

オーロラハンティングツアーの集合時刻は夜の9時半。

スーパーと小さなショッピングセンターとさらに小さな土産物屋が数軒ある
北極圏の小さな街に放り出されてしまう日本人の集団は、
〇万円だして、犬ぞりツアーとか、トナカイツアーとか、
トレッキングとか、なんかその他もろもろのオプショナルツアーに参加しないと
長い長いフリータイムをもてあますことになる。
フィンランド名物「サウナ」にもで入れば、
少しは時間もつぶせるのかもしれないが、
なんというか、日本人以外にお泊りになっておられる
主に英国人の皆様と裸のつきあいをする(かもしれない)サウナに入るのは
恥ずかしいというか、気詰まりというか
決して開放的でフレンドリーな性格ではない私にはない選択肢。
そもそもサウナが苦手なのだ。

ちなみにヨーロッパでは縁起が悪いと言われるオーロラを
鑑賞するゲーコク人はいない。
じゃ、何しに来てるのかと言えば、犬ぞりとかトナカイとか
トレッキングとか、日本におけるオプションがむしろがっつりメインなわけで、
寒くて痛い北極圏で長時間おんもにいたらサウナが大人気になるのもうなづける。

(暇だ…。)←3人で参加するとびっくり価格になるオプションの利用をしなかった家族

とりあえず、観光名所と言えるのか甚だ疑問ではあるが
バスに乗ってカウニスパーの丘に行き、
名物のサーモンスープを食べよう。
ホテル駐在のガイドがおすすめしていた
これまた店の名物らしいベリーのケーキも食べよう。
暇を食欲で盛り上げる。

サーモンスープは生クリームたっぷり、熱々でおいしかった。
熊印のフィンランドビールの「生」にお目にかかったので
うほほ♪と飲んだ。

DSC00956.jpg

写真はガイドおすすめのベリーのケーキ(と思っていたもの)。
でも、店の本当のスペシャリテは「ベリーのチーズケーキ」だった。
気が付いた時には名物チーズケーキは売り切れていた。

ガイドのじいさん、しっかりガイドしろよ…と思ったが
このベリーのケーキもおいしかったので目をつぶる。

負け惜しみではない。

| フィンランド・旅 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ